昨日夢を見ました。

川の土手で派遣会社の営業Kさんからの電話。

内容はほとんど記憶にありませんが、

私は「もう少しで会社に行きます」的な事を言ったような記憶があります。


最近この手の夢をたまに見ます。

今まで利用してきた派遣会社は約40社。

思い返してみれば本当に多くの派遣会社を利用させて頂き、契約期間満了で退職したことも希少ながらもあり
ますが、ほとんどが突発退職。



バックレは派遣に限って言えばほとんどありませんが、朝に派遣会社の営業に突然退職の意思を伝え突発退職するケースがほとんどです。



「朝どうしても会社に行きたくない!」

「派遣会社を退職したい!」と考えている方は多いのではないでしょうか?


334b83a55723866b5ba2599a09a57780_s


派遣会社を朝に突発退職は可能なのか?


私は朝会社に出勤するのが憂鬱になり、派遣会社の営業に電話・メールで退職の意思を伝えます。


最近は携帯のショートメールを利用し一言、

「マーシーですがおはようございます。一身上の都合により退職させて頂きます。この度は誠に申し訳ございませんでした。」


ショートメールですので文字数が60文字くらいに制限されますので、
こんな感じで退職の意思を派遣会社の営業に伝えます。


そうしますと直ぐに派遣会社の営業から電話があります。

「社会人としての自覚が足りない」

「あまりに無責任すぎます!」

「とりあえず会社に出勤してください」

「甘えです!最低限契約期間を勤めてください!」


などとこんな感じで言われます。

言われていることはごもっともです。

そういう場合は嵐が過ぎ去るのを待てばいいのです。

派遣会社の営業からしてみれば朝突然

「一身上の都合で退職させて頂きます。」

と言われる程迷惑なことはありません。

中にはあっさり退職を認めて頂ける派遣会社も存在しますが、大半の派遣会社の営業は全力で引き留めます。


なぜなら仮にバックレ・突発退職しますと派遣先企業に謝罪しに行かなければいけないのです。


当然派遣会社の売り上げにも影響します。

派遣会社からすれば派遣会社に登録した派遣スタッフを派遣先企業に派遣し、勤務させてから始めて派遣会社の売り上げが発生します。



派遣会社に登録した派遣スタッフは別の見方をすれば商品なのです。


突然朝突発退職・バックレ程迷惑な行為はありません。

派遣会社の営業は当然全力で引き留めます。

そういう場合は「退職したい」という意思をひたすら貫き通します。


やがて営業も根負けし突発退職を認めてくれるのです。

理想は契約期間満了で退職することです。


結論:朝に突然退職するのは可能です。しかし極力突発退職は避けるようにしましょう。