『派遣会社から「損害賠償を請求する」と言われた場合、どうすればいいのか?』


と言う記事を書きました。

結論から言えば派遣スタッフを辞めさせない為の脅し文句ですのでビビる必要もありませんし、「支払う事は出来ません」と行っておけばいいのです。



私も2日で「飲料会社で出荷作業」をしていた時に、

「マーシーさんが抜けたことによる損失を補償してもらいますよ」

言われたことがあります。

その派遣会社は別の意味で記憶に残っていました。

それは従業員が1人の派遣会社だったのです。

派遣会社はピンからキリまであります。

「飲料会社で出荷作業」の仕事を募集していた派遣会社は、タウンワークから応募し指示された場所に向かうと、テナントの2階に入居していた派遣会社でした。



最初は面接をしてくれた派遣会社の営業かと思った。

しかし机が1つしかありませんでした。

面接も派遣先企業の会社見学もその男性が全て対応。

結果的に2日で退職しましたが、良い意味でも悪い意味でも記憶に残る会社でした。


40社以上の派遣会社を利用してきた中で従業員が1人という派遣会社は数社程ありました。

a05895c360e76fe1c93222786e09cc00_s


16年の秋に利用した派遣会社も従業員が1人でした。

仕事内容はプラスチック製品の製造です。

結局勤務初日の朝憂鬱になり内定辞退してしまったのですが、そこの派遣会社は凄かった。


派遣会社の建物がかなりの掘っ立て小屋だったのです。

数多く派遣会社を利用してきた中で、ここまで建物がボロイ派遣会社は始めてでした。


その時点で嫌な予感がしましたが、案の定だった。

建物の広さは6畳ほどの広さ、私と従業員(社長)がいるだけで満員状態。


そこにPC・コピー機・書類が入っている本棚・椅子・机があるので、相当窮屈でした。


それでも「外見よりも中身が大事」と期待していましたが、社長(従業員)の年齢は40代前半にも関わらずなんかチャラかった。


新規開拓・スタッフ管理・面接・従業員募集など全て1人でこなさなければなりません。


派遣会社の営業は少なく見積もっても約50人は派遣スタッフを管理しております。


1人1人の派遣スタッフのフォローなんか出来るはずがありません。

初日に派遣先企業に同行し後は放置状態。

1人経営ですので面接の際の選考もかなり緩い。

だから私の様な100社以上転職している人間が採用されてしまうのです。


派遣先企業も従業員が1人経営の派遣会社に仕事を依頼するべきではありません。


派遣先企業も派遣会社がどのような会社か調査するべきです。

派遣会社は本当にピンからキリまであるなと実感致しました。