2連休後の勤務はやはり憂鬱。

憂鬱な気分を何とか抑えビジネスホテルに出勤。

いつも通り客室清掃を行いました。

ただ幸いなことに清掃する客室がかなり少なかった。

朝のミーティング清掃責任者加藤さん(仮名)が、

「マーシーさん本日は●階合計2●部屋の清掃をお願いします。夜勤のお客様は●号室と●号室の2部屋です」


こんな感じで言われ、その日の仕事の配分が決まります。

休み明けの水曜日の朝ミーティングで清掃責任者加藤さん(仮名)から

「マーシーさん今日は3階合計14部屋の清掃お願いします。夜勤のお客様は●号室●号室●号室です。」



と言われた。

それを聞いた瞬間、

『おっしゃあああーー少ない!今日は楽勝!』

『早く終了すれば部屋で休憩できる!』

と休み明け水曜日の朝憂鬱な心境から、少し気分的に盛り上がったのです。


私の職場であるビジネスホテルは1階につき2●部屋あります。

7月4日(水曜日)は他の階も同じような客室の稼働状況。

客室の稼働率は多分60%台半ばくらいと予想しました。

010Yama0629_TP_V (1)

普段であれば自分の作業が終了すると他の階へ応援にいかなければいけないのですが、


この日は清掃責任者加藤さん(仮名)は、

「今日は楽勝だね。他の階への応援も無しなので、焦らずゆっくり作業してください」


と言われた。

14部屋という事は10時から1部屋15分ペースで作業すれば計算上、13:30~14:00の間に終了することが可能。


私が勤務するビジネスホテル清掃作業の職場の休み時間が、12時前後に10分程度で常に動いた状態が続きます。


一方で良い所は客室の稼働状況にもよりますが、自分の担当の部屋が終了すれば後は自由時間な所。


夜勤のお客様も宿泊されていますので静かに過ごさなければいけない事と、もちろん他の階に移動したりすることは出来ません。


一応15:00までは労働時間です。

4日(水曜日)は13:30~14:00の間に作業が終了するようにハイペースで作業しました。


その結果13:50過ぎに客室清掃の作業が終了することが出来たのです。


という事は14:45までは仕事をしているという体ですが、事実上自由時間。


加藤さんは仕事に関しては細かいですが、客室の稼働状況が低い日は自分の担当する階が終了すれば、客室で自由時間を満喫させてくれるのです。



暗黙の了解的な部分が大きいです。

14:45までに従業員用の休憩室に集合すればいいのです。

ということで14:40に携帯のアラームをセットし14:40までの50分間、客室の床で昼寝タイムを満喫したのでした。