週末が近づくと客室清掃の仕事は忙しくなります。

ですが昨日も暇でした。

金曜日は平日ですが次の日は土曜日で休日ですので、観光客らしきお客様が宿泊されます。


仕事が終了した後に夜遅くにチェックインすれば、次の日その分目的地に早く着くことが出来観光が楽しめます。


ビジネスホテルは基本的にほとんどシングルの部屋ですが、ダブル・ツインの部屋もあります。


お客様と会う事はありませんが、お客様の残したゴミなどで

「この部屋は家族連れのお客様泊ったのかも」

と深い意味は全くありませんが予想してしまうのです。

そういう事を想像しながらいつも通り客室清掃をしていますと、
突然「マーシーさんお疲れ様でーす。お久しぶりです!」という声が聞こえたのです。



振り返りますと清掃会社営業斉藤さん(仮名)でした。

5月9日に清掃会社の面接を受けて以来の再開。

営業斉藤さん(仮名)は60代。

私も「あーお久ぶりです。ご無沙汰しております。」と挨拶。

営業会社斉藤さん(仮名)「最近どう?仕事は順調?」

私マーシー「はい。順調です。相変わらずの忙しさで常に動いていなければいけない状況ですが、仕事はやりがいもありますので、自分に合っていると思います。」と答えた。



営業会社斉藤さん(仮名)「マーシーさん真面目だから長く働いてくれそうな感じがしたから採用したんだよね。」


私は良く真面目と言われます。

第一印象・雰囲気的には真面目だと思いますが、そう言われた時心の中で、(実際は100社転職してるんですけど・・・。)と思っていました。


世間話が終わった後清掃会社営業斉藤さんが、「マーシーさんはまだ30代でこれからだし、収入の高い他の仕事にチャレンジしてみる気ない?マーシー調理経験はある?」



私マーシーは「〇〇で働いていた時(某ファストフード店)多少の調理経験はあります。」


営業斉藤さん(仮名)「〇〇ホテルの厨房、うちの会社からも募集しているんだけどさ、1年後には正社員での登用前提で直接雇用してくれるけど、まーしーさんどう?」


私マーシー「待遇面はどんな感じですか?」

営業斉藤さん(仮名)「月収はおそらく残業代・交通費込みで25万は行くと思う。ボーナスは年2回支給、社会保険完備もあるよ。勤務時間は6:00~22:00までのシフト制。こんな感じかな。」



私マーシー「給料的には悪くないですね。ですけど調理経験があると言いましても〇〇で(某ファストフード店)経験があるだけですので・・・。高校生でも調理可能なくらい簡単な調理です。」



営業斉藤さん(仮名)「〇〇ホテルは未経験でも大丈夫。未経験で入社した人も働いているから。マーシーさんが興味が有るなら現場見学も可能ですよ。」



私マーシー「客室清掃の仕事もまだまだ完璧では無いですし、今の仕事の方が自分に合っているので、現在の仕事を頑張ります。」


とこういう会話がありました。

HO_16943523678_60771678b1_o_TP_V (1)

要するに清掃会社営業斉藤さん(仮名)は私に調理の仕事を勧めてきたのです。


〇〇ホテルは私が勤務しているビジネスホテルの近く。

宿泊客に食事を提供する他、ランチバイキングもやっております。

某ファストフード店で調理をしていたと言いましてもマニュアルがあり、高校生のアルバイトでも簡単に調理が可能。


そういうレベルなのです。

その私が〇〇ホテルの厨房で調理なんて絶対に不可能だと思った。

包丁なんか当然使えません。

足手まといとなり1週間持たずにバックレてしまう自分が容易に想像できます。


待遇面では申し分ありませんが、断って正解でした。

清掃会社営業斉藤さんも私の将来を想って紹介してくれたのかもしれません。


35歳で月収10万~12万円は明らかに少ないです。

ですが私はそれでもいい。

1日でも長くビジネスホテル客室清掃の仕事を続けることが出来れば良いのです。


仮に調理の仕事に就いたとしても1週間以内にバックレるのは間違いありません。

このままビジネスホテル客室清掃の仕事で頑張ります。

DSCN2300

ブログを書きながら食後のおやつタイムです。