2016年9月横浜市の病院で、入院患者2人が中毒死するという事件が発生。


この事件はマスコミが大きく報道し、社会的反響が非常に大きい事件。


その後次々と入院患者が死亡しているという事実が明るみになり、内部の人間or外部の人間か意見が分かれた。


その後この事件は徐々にフェードアウトしていき迷宮入りかと思っていましたが、2018年7月7日犯人が遂に逮捕。


犯人は事件当時病院に勤務していた31歳看護師の女。

さらに驚愕の事実が明らかに。

31歳看護師の女は逮捕された後の取り調べで、

「他の入院患者の体内にも消毒液を入れた。20人くらいやった」と供述しているそうです。


一部の報道では横浜市の大口病院で3ヶ月で50人近く無くなっているとの事。


という事は最大で50人殺害している可能性も出てきた。

亡くなった患者さんの事を考えると心が痛みます。

法による正当な裁きを受けるべきだと思う。

ここまではどこにでもありそうなありきたりな意見。

この事件を私独自の感想を言わさせて頂きますと、殺害理由が

「患者が無くなった際の説明が苦手だった」

という趣旨の供述をしているとの事。

確かに人が亡くなるのは精神的に辛い部分はあると思いますし、患者家族への説明は精神的に苦になると思う。


であればなぜ患者を殺害するという選択をしてしまったのか?

点滴に消毒液を混入するということは、どういう結末を迎えるというのは予想できたはず。


患者を殺す勇気があればなぜ仕事をバックレるという選択肢が無かったのか?


とやるせない気持ちで一杯です。

Green19_taisyoku20141123133801_TP_V

今回の事件以外にも仕事が嫌になり職場が火事になれば仕事をしなくて済むという理由で放火してしまったり、


日頃から上司から仕事で叱責され激高し殺害してしまったり、

仕事に行きたくないので怪我をすれば会社に行かなくて済むという理由から自分を刺したり、


こういう事件を耳にすると、

「なぜバックレすることが出来ないのか?」と

感じてしまいます。

確かにバックレは社会の道理に反した行為である事は間違いないです。


今回の看護師も1ヶ月前に退職を申し出て自己都合退職しればいいのです。


そしてバックレが出来ないのであれば、ショートメールで一言

「一身上の都合で退職させて頂きます。」

と送信し音信不通になればいいのです。

嫌な事・人の為に自分の人生を犠牲にする必要は全く無いのです。

私はバックレを10社以上してきました。

転職回数は100社以上です。

理想は1ヶ月前に退職を申し出て、自己都合退職するべきです。

しかし自分勝手で無責任な考えですが、こういう事件をみるとバックレて良かったと思う。


人生時には逃げる事も必要。

我慢を重ねると最悪な結末を迎えることもあるのです。

仕事を辞めたいと考えている皆さん、自分に素直になってください。


逃げる事は悪くないのです。

バックレが時には吉と出る場合があるのです。