20日朝仙台市宮城野区にあるパチンコ店に車が突っ込むという事件が発生。


取り調べに対し容疑者は、

「車で突っ込めば大きな事件になると思った」

と供述。

警察は詳しい動機をさらに調べているそうです。

私はパチンコを始めとするギャンブルは全くやりませんが、パチンコ好きな友人・知り合いが居たり、借金ブログを見たりしてパチンコの知識は少しあります。



2014年梱包の短期アルバイトに行った時(2ヶ月の短期でしたが、バックレではなく珍しく契約期間満了)にパチンカーの芦田さん(仮名)という方が教えてくれました。



パチンコ店が急に店内改装と称し急遽営業を休止する場合は、パチンコ店のトイレで自殺者が出た可能性もあるらしいとの事を教えて頂きました。



何万円もつぎ込んで当たりが出ないから台を「バンバン!」と叩く人。


負けた腹いせにトイレの便器からわざと外れた位置に自分の物を出す人。


など本当に色んな人がいるんだなと思った。

今回の事件も「車で突っ込めば大きな事件になると思った」と供述していることから、意図的に車で突っ込んでいるのは明らか。


パチンコで負けた腹いせの可能性もあり得ます。

ギャンブルを全くしない私からすれば、

「何でパチンコなんかやるんだよ!」

と今まではそう思っていた。

ギャンブルは大半の利益を胴元が儲かる仕組みになっている。

2013年派遣会社で自動車工場に勤務していた時仲の良かった、江頭さん(仮名)という方が居たのですが、江頭さんは私に向かって


「マーシー君昨日2万円負けた・・・今日でパチンコ辞めるよ・・・流石に辞めるよ・・・もう・・・。」


この時あまりの落ち込み様で本当にパチンコを卒業できると信じた。


しかしその次の日パチンコに行ってまた負けていたのです。

その時は心の中で「馬鹿じゃないの!」と思っていましたが、その考えは違うのかもしれません。


江頭さん(仮名)も2万円負けた時、本気で辞めようと決意したと今でも信じております。


しかし次の日パチンコにまた行ってしまった。

5ab0af9c8100a78565eac8e247539f43_s

自分の立場になって考えてみますと、100社以上転職しておりますが就職する度に、

「今度こそ長く勤めよう!」

「嫌なことがあっても乗り越えるぞ!」

「バックレするのはもう止めよう」

と決意するのですが結果は、バックレor突発退職。

本当に毎回です。

毎回「今度こそ」と思うのですが結果は同じ。

一度でも「バックレ」「突発退職」というスイッチがオンになりますと、2度とそのスイッチをオフにすることは出来ない。


走り出した車輪は止めることは出来ないのです。

バックレに向けて走り出す。私の辞め癖はどうすることも出来ません。


ギャンブル依存症の人も「パチンコに行く・行かない」でかなり葛藤していると思います。


良くパチンコなどのギャンブルを辞めれない人たちに対して、

「辞めようとする意志が弱い!」

「意思が弱いから辞めれないんだ!」

とか得意げになって言う人がいますが、意思だけで辞められるのであればとっくに辞めております。


パチンコなどのギャンブルを辞める意思はあるのだけれども辞めれない人たちこれこそまさに依存症です。


今ではギャンブルを辞めたいけれども辞めれない人たちの気持ちが理解できるような気が致します。