年間休日数が100日未満はブラック企業なのか?

スポンサーリンク
転職・就職活動

仕事をしていると休みが待ち遠しくなります。

休みの前日になると少しメンタルが上昇し、気持ち的に前向きになれるのです。

お盆期間中の13連勤を考えると「休みが欲しい」という気持ちは今でもあります。

ですがお盆休みに休暇を申請することに失敗した私は、13連勤に突入することを決意したのであります。

「率直に言えば休みたい!」

という気持ちが日に日に高まっている私であります。

土日休み・平日休み関係無く大半の会社は最低週2日の休日を設けています。

中には求人に【土日休み、会社カレンダーによる】と表記している企業もあります。

【土日休み、会社カレンダーによる】というのがミソ。

正直に記載する企業もありますが、

中には【土日は月2日程度出勤有り】と記載すると応募者が集まらない可能性もあるので、

「会社カレンダーによる」と表記する企業は存在するのです。

年間何日休みが必要なのか?

現在は多様な働き方を認める雰囲気が出来つつある世の中。

ブラック企業と呼ばれる要因の1つに休みの少ない企業があります。

無料求人情報誌をみていると未だに休日が、

週1日・月6日・4勤1休など休みが少ない企業も見受けられます。

私が3日でバックレた製茶工場は営業の仕事を募集しておりました。

給料は月収25万円~35万円稼げるのとのことですが、求人情報誌に記載されていた休日はなんと週1日。

お盆休み・GW・年末年始の休みを7日ずつ合計21日あったと仮定し、さらに有休を2ヶ月に1回年間6日取得したと仮定致します。

1年間は52週です。

そうしますと、52日+21日(お盆・GW・年末年始)+6日(有給)で年間休日数が合計79日しかないことになります。

「3日でバックレた会社に、給料を貰いに行った結果・・・ 」3日で製茶工場をバックレた時のエピソードになります。是非ご覧ください。

4勤1休は1ヶ月に換算しますと、月6日。

お盆・年末年始・GW(各7日ずつと仮定)を加えますと年間休日数は93日。

私は年間休日数が100日以下の企業はブラック企業と考えていいと思う。

では最低限何日休みが欲しいのかと言いますと週休2日×52週=104日。

お盆・GW・年末年始各7日×3=21日。

合計125日は最低休日が欲しいです。

理想は週3日休日が欲しいです。

そうしますと年間休日数は156日になります。

究極の理想は週休4日。

年間休日数は何と208日。

借金を返済すれば十分に可能です。

休みは多い方が良いです。

仕事したくありません!。

働きたくありません!

出来るなら一生ニートになりたいです!

私の夢はニートです!

 

コメント

  1. 匿名 より:

    たくさん、働かなくても生活、出来るのですね!
    羨ましいです。

  2. 青梅太郎 より:

    おはようございます。
    ハローワークで求人している会社は、休日数が100日以上になっていても、土曜・祝日は休日出勤の会社が多いです。
    求人票の月平均時間外労働の欄には、その休日出勤分を含んで無い会社が多いので、面接時によく確認した方がいいです。
    その記載されている時間外労働の時間も、正直あてになりませんけど。
    話は変わりますが、我々ダメダメ転職王がこれまで実践して来た「ダメ職場は即座にバックレ(退職)」が、昨今の売り手市場により功を奏して来たようで、ダメ会社はますます人手不足で窮地に立たされてるようです。

  3. トリキチ より:

    マーシーさんこんにちは。
    私も企業に勤めるのは体質的に合っていないので、
    お金があれば会社勤めはしたくないですね。
    もし本当にお金持ちになったら、全く何もしないのも
    暇すぎて苦痛なので、作家を目指して小説を書きながら、
    ボランティア活動すると思います。

  4. 弱虫マン より:

    マーシーさん初めまして。
    自分も仕事が続かない30代男性です。転職回数は5回。直近はスーパーで4日だけ働いていました。
    5日目の朝に物凄い不安に襲われ、「行かなきゃダメだ!」「生活がかかってるんだぞ!」と思っても行く事が出来ませんでした。
    どれだけの迷惑を掛けたのか…。死んでしまおうか、とも考えました(怖くて出来ませんでしたが)
    そんな時にこのブログを見つけて、
    似たような人がいるんだなぁ、と少し安心しました(笑)
    自分がこんな事言える立場ではないのですが、マーシーさんのブログと現在の仕事が長く続く様祈ってます。
    次こそは長く勤められる仕事に就けるよう、自分も頑張ります。
    長くなって御免なさい。

  5. マーシー より:

    匿名さんこんばんは。コメントありがとうございます。
    働かないで生活したいです。そうすれば毎日ストレスフリーです。
    適度にジムで体を動かし、ストレス解消する。適度なコミュニケーションも必要かもしれません。
    夢の完全リタイア生活。毎日自分の好きな事しかしない生活。憧れます。

  6. マーシー より:

    青梅太郎さんこんばんは。コメントありがとうございます。
    ハローワークの求人票に記載されている年間休日数は、一応名目上は100日以上でも、休日出勤などで年間休日数が100日を切る会社も出て来ます。
    年間休日数が100日を切る会社はブラック企業です。働く従業員にとって休日は大切です。
    最近明らかに人手不足が進行しております。明らかな売り手市場です。従業員を大切にしない会社は確実に淘汰される時代になって来ました。
    時代がようやく我々バックラーに追いついてきたのです。

  7. マーシー より:

    青梅太郎さんこんばんは。コメントありがとうございます。
    ハローワークの求人票に記載されている年間休日数は、一応名目上は100日以上でも、休日出勤などで年間休日数が100日を切る会社も出て来ます。
    年間休日数が100日を切る会社はブラック企業です。働く従業員にとって休日は大切です。
    最近明らかに人手不足が進行しております。明らかな売り手市場です。従業員を大切にしない会社は確実に淘汰される時代になって来ました。
    時代がようやく我々バックラーに追いついてきたのです。

  8. かすてら より:

    私も正直一生食べられるだけのお金があれば働きたくないです。
    働くのが楽しいと言っている人の気持ちが全く理解できません。
    週休4日はいいですね。
    それなら休みが楽しみで長続きしそうです。
    労働は苦痛を生み出すだけです。

  9. マーシー より:

    トリキチさんこんばんは。コメントありがとうございます。
    会社勤めしたくありません。本当にストレスが溜まります。
    在宅ワークの収入のみで生活するのに憧れますが、在宅ワークも本当に報酬が悲しすぎるくらいに少ないので、クラウドソーシングなどの在宅ワークをやるのであれば、ブログの方がまだ全然マシです。
    小説もkindleで自費出版出来ますし、お金持ちであれば当分の間収入の心配をする必要はありませんので、案外いい作品が出来るかもしれません。

  10. マーシー より:

    弱虫マンさんこんばんは。コメントありがとうございます。
    30代で転職回数5回は全然悲観する必要はありません。
    私はガチで100社以上転職しております。(多分100社~120社の間)
    4日も行けば十分です。4日で全て分かるわけではありませんが、4日もあれば「この仕事長く続きそう」と直感で分かりますので、4日で辞めて問題ありません。
    生活費の支払いが目前に迫っていても辞めたいときは辞めたいものです。その流れに逆らうことは出来ません。
    私達の様な人間は無理に会社に合わせるよりも、転職を何回も続けていますと、必ず長く続きそうな会社に出合います。そのチャンスを逃さないことが大事かもしれません。
    こちらこそコメントしていただきありがとうございます。これからもお気軽にコメントをして頂けたらなと思います。

  11. マーシー より:

    かすてらさんこんばんは。コメントありがとうございます。
    一生働かない生活。少数ながらも本当にそう言う人は実在します。プロブロガー・YouTuberなどはそうかもしれません。憧れます。
    YouTuberのキャッチフレーズは「好きな事で生きていく」です。
    仕事が楽しいと言っている人は余程その仕事が自分に合っているのではないでしょうか。私も客室清掃の仕事はやりがいは多少感じますが、楽しいとかそういう感覚は全くありません。
    好きな事で生活したいです。

  12. ななしのゴン より:

    はじめまして。ブログ楽しみにしています。
    自分はニートなのですが、暇すぎて苦痛になり、思わずバイトの面接を申し込んでしまいました。
    神経質なので非常に緊張していて吐きそうですが、マーシーさんの良くも悪くも図太い精神に励まされました。
    神経質な自分が情けないです。
    バイトなんてそんなに思い詰めることないですよね。

  13. マーシー より:

    ななしのゴンさんこんばんは。コメントありがとうございます。
    ニートそして別名自宅警備員ということですね。暇すぎて苦痛になって働くというのはそれもまた働く理由として、正直で良いのではないかと思います。
    まずは初日を乗り越える事ができるのか?というのが最初の壁です。合う合わないはやってみないと分かりません。
    バイトなのでそこまで思い詰める必要はありません。
    「バイトなので万が一合わなければ、バックレでもかましてやればいい」これくらいの気持ちでいた方が良いのかもしれないです。
    そして次の職場を探せばいいのです。

  14. はな より:

    早くバックレてよ?

  15. マーシー より:

    はなさんこんばんは。コメントありがとうございます。
    バックレるかどうかはあくまで自然体で生活しておりますので、この先どうなるか全然予想ができません。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました