社会人として働いていると「3ヶ月の壁」という言葉を聞いたことは無いでしょうか?


3日・3週間・3ヶ月・3年、3の単位の時に退職する確率が高いと言われております。


「3ヶ月の壁」とは入社してしばらくは仮にミスをしたとしても「まだ入社したばかりだから」と多めに見てもらえるかもしれません。



しかし3ヶ月くらい経過しますと会社側もそろそろ「独り立ちして欲しい」と徐々に期待する時期なのかもしれません。


それを働いている側の従業員も感じ取って、

「入社して3ヶ月。私は役に立っているのだろうか?」

「まだ仕事を覚えていない。どうしよう・・・」と焦り自己嫌悪に陥り、最悪の場合退職という結末を迎えてしまうのであります。


しかしですここまでは普通のブログ。

100社以上転職した私。

計算していないので正確には分かりませんが、100社以上中入社して3ヶ月以内に退職した仕事の割合は約70%になります(涙)。


私の場合はただ単に忍耐力が無いだけです(涙)。

「3ヶ月の壁」というのは本当に存在するのは間違いありません。

新社会人の皆さんは今頃新卒で入社した会社を退職し、自宅警備員をしている人、


新卒で入社した会社を退職し既に別の仕事に就いている人、新卒で入社した会社が続いている人、


大まかにこの3パターンに分かれます。

7b98abcfc44cef6f0f41cb8dd0086fec_s

入社して1日で会社を退職することは可能なのか?

「3ヶ月の壁」と言われますが、3ヶ月頑張って

「この仕事はダメかも」

と判断し辞める人は忍耐力はある方だと思う。

「3ヶ月の壁」以前に私みたいに入社して1日で退職する人も居るくらいです。


新卒の社会人の方だけではありません。

中途入社した社会人の方もそうです。

「3ヶ月の壁」以前に入社して1日・2週間で既に「退職したい」と考えている人がいるかもしれません。


最近はSNS等が普及してきてTwitterで、

「1日で退職した」

「新人が1日でバックレた」

とツイートする人も増えて来ました。

世間一般的な考えからすれば、

「非常識!」「メンタル弱すぎwww」「忍耐力が無い」

「もう少し頑張ってみたら?」

こういう言葉を投げかけられるのではないでしょうか?

日本はとにかく「耐える事が美徳」という風潮がある。

未だに昭和の根性主義を信じている人もそれなりにいると思う。

私の考えで言えば1日で「この会社辞めたい」と感じた会社は、3ヶ月経っても変わらないです。


私もブログで転職回数が合計100社以上である事を公表しております(多分100社~120社の間)。


会社からすれば1日で退職する人はまだ諦めがつきます。

しかし入社して3ヶ月で退職しますと、戦力として徐々に計算が付いていく時期になります。


退職すればまたゼロから仕事を教えなければなりません。

新卒で社会人となり4月から会社に入社し、入社して1日で辞めてしまう人も存在致します。


「仕事が想像していたのと違った」

「社長の話が重すぎた」

「通勤が苦痛だった」

辞める理由は色々あります。

雇用保険の関係もあります。

雇用保険は加入すれば職歴として記録が残ってしまうのです。

1日であれば雇用保険に加入する前の可能性もあり得ますので、1日で退職した方がプラスです。


結論:私が言うのもアレですが、1日で退職する際、会社には電話でも良いので辞意を伝えましょう。


電話が無理であればショートメールで退職を伝えましょう。


入社して1日で退職することは可能です。