「入社祝い金」

それは1人でも多くの人に入社してもらう事が、入社祝い金の一番の目的です。


そこで、

「自動車・自動車部品メーカーの入社祝い金はどれくらいの額を支給しているのか?」


という疑問がありましたので調べてみました。

トヨタ35万円

スバル40万円 

マツダ45万円 

アイシンAW20万円 

日産10万円 

豊田自動織機35万円 

日野自動車35万円 

ホンダ 30万円 

日産自動車九州51万円 

アイシン精機20万円

三菱自動車93万円(現在は終了している可能性有り) 


コベルコ建機45万円 

スズキ25万円 

いすゞ自動車17万円 

ブリヂストン15万円 

トヨタ自動車九州10万円 

愛知製鋼10万円 

NTN10万円 

浜名湖電装10万円 

プライムアースEVエナジー10万円 

FTS 5万円 

パジェロ製造8万円 

日産車体30万円
 

b6e9f6942c201b9d9a7f46d227d9e29f_s

入社祝い金の金額を一通り見た時、

「数年前に比べて明らかに金額が増額されている」

と実感しております。そ

れはなぜかと言いますと人手不足なのは間違いありません。

ただ注意しなければいけない事は、自動車(車体)・自動車部品メーカーに直接応募でも入社祝い金がありますが、支給額は低くなります。



トヨタ35万円・アイシンAW20万円など、他の自動車(車体)・自動車部品メーカーなども
紹介会社を経由せずに直接応募で入社しますと、入社祝い金は大幅に減額されます。



紹介会社経由で入社する方が絶対にお得です。

最近は大手の自動車・自動車部品製造のメーカーでも人手不足が顕著になりつつある。


人を集めるには給料・入社祝い金を増額するのが一番確実かもしれない。


しかし各社こぞって入社祝い金を増額するようになった昨今、

10万・20万入社祝い金を頂くのは当たり前になりつつある。

待遇を良くするというのは確かに大事ですが、それ以上に寮の改修・新築を行い環境を良くするなど、人を集める為にやることはまだ沢山あるような気がする。



読者さんからの情報によりますと、アイシンAWは最近残業が少なくなり、定時で終了が多くなったらしい。


アイシンAWに関してですが私マーシーは、CVテックという会社を応募する直前、一時応募を検討したことがある。


しかし車の持ち込みが不可能という事で断念。

応募を検討した理由は、車体の組み立てではなく、カーナビ・トランスミッションの組み立て・加工なので、


「車体の組み立てに比べて楽かも」


と思ったのが、アイシンAW応募の理由でもあったのであります。

しかし今思えばですが、私マーシーは僅か1ヶ月間ですが、

CVテックで働いた経験が有ります。

CVテックはアイシンAW田原工場の工場内にある。

トランスミッションは毎日のように見ていた。

トランスミッションは意外に大きい。

某自動車部品メーカー期間工で、

「なんとか組み立てに配属されないように」

と神頼みの状態でしたが、案の定組み立てに配属。

そして4日で退職。

トランスミッションの組み立ても楽ではない。

かなりのキツさであるのは間違いない。

期間工を続けている人を心底尊敬している。

私マーシーの分まで期間満了して欲しい。

期間工の皆さん、陰ながら応援しております。