7月下旬派遣会社(自動車部品製造)を1日で退職した私は再び無職になった。


無職になったという事は再び就職活動を行わなければなりません。

携帯のカレンダーで確認してみましたが、派遣会社(自動車部品製造)を退職したのは多分2013年7月27日(土)だと思う。


月曜日になればタウンワークが発刊されるので、土日エア出勤をして時間を潰していた。何


曜日かは忘れましたが派遣会社(自動車部品製造)を退職して数日。

月曜日辺りだったのかもしれない。

全く見知らぬ番号からの着信。

エア出勤中で公園の駐車場で暇を持て余していた私は試しに通話ボタンを押した。


すると以前2013年5月中旬にお世話になった派遣会社営業Iさんだったのです。


私はその派遣会社を通して医療器具製造の会社で働いておりました。


結局医療器具製造の仕事は1週間で退職。

その当時お世話になった営業Iさんからの電話だった。

Iさんは私が在職中派遣会社を退職していました。

そのIさんは別の派遣会社に転職し営業の仕事をしていたのです。

派遣会社営業Iさん

「マーシーさん久し振り!あの時はごめんね。Aが何もフォローしなくて」


私マーシーは医療器具製造の仕事を1週間で退職。

営業Iさんは私が1週間で医療器具製造の仕事を退職したのを知っていました。


医療器具製造の会社見学は、営業Iさんが一緒に同行して頂きました。


営業Iさん「実はマーシーさんに紹介したい仕事があるんだけどさ興味ある?」


私マーシー「今ちょうど無職ですので興味あります。」

営業Iさん「それだったら会社見学とかできるけど?」

私マーシー「是非お願いします。」

こんな感じの会話があり、そして翌日か明々後日くらいに会社見学。


その場で内定。

本当に「渡りに船」だった。

まさに電光石火の内定。

b225b32ee75e491c46324a34b171010e_s

勤務初日憂鬱ながらも何とか出勤致しました。

私の他に他社の派遣会社からも30代後半の男性が1人入社。

同期がいるのは心強いです。

他社の同期と2人で派遣先担当者が来るのを待っていると営業Iさんが突然やってきて、


「おい!シャツをズボンの中に入れろ!」と私に言った。

確かにシャツをズボンの中に入れていなかった私にも原因はある。

しかしここで心が折れそうになった。

しかし何とか踏みとどまった。

ラジオ体操が終わり担当者が来た。

担当者に引率され会議室みたいな部屋で入社教育。

心の中で「何回も聞いているよ!」と思いながらも一応聞いているフリをした。


そしていよいよ現場へ。

現場責任者に教えてもらいながら作業を致しました。

仕事内容はハーネスの組み立て。

会社見学の時は「この作業なら自分にも出来そう」と思いましたが、考えが甘かった。


実際作業をしてみますと意外に難しい。

ハーネスという部品は電線を1つに組み合わせた部品を、ハーネスと言います。


ハーネスを図面に沿って組み立てていきます。

図面には番号が有り、番号の位置にハーネスをセットしさらに小さな部品をハーネスに組み付ける。


上手く伝わらないかもしれませんが、この作業が意外に難しい。

図面がかなり複雑。細

かい部品も種類が沢山あり、どの部品を組み付ければいいのか分からない。


分からないので当然質問しながら作業していきましたが、徐々にやる気を無くしていく。


既に心が60%くらいは折れかかっていた。

昼休み明け事件が突然発生。

同期で入社した他社の派遣が昼休みが終わっても戻ってこなかったのです。


同期は半日でバックレてしてしまったのです。

後にも先にも私マーシーより先にバックレた人は同期の人が最初で最後でした。



15時近くに派遣会社の営業が謝罪しに来ていました。

何とか1日を乗り切りましたが、100%私マーシーの心は折れていた。


「もう今日で辞める!」



と車の中で決断をしたのです。

結果1日で派遣会社(ハーネスの組み立て作業)は退職。

前職の自動車部品製造は1日で突発退職。

そして間髪入れず1週間後に就業した派遣会社も、1日で突発退職したのでした(涙)。


1日分の給料は頂きました(感謝)。