2013年7月下旬から8月上旬にかけて、1日で2回退職の手続きを行ってしまいました。

自動車部品製造(派遣)を退職し、ハーネスの組み立て(派遣)の仕事に就くまで空白期間は1週間くらいだった。


そして2社共に1日で退職。

大体バックレ・突発退職をかましますと、こんな救いようの無い私ですが、一応これでも落ち込みます。


ですが落ち込んでもいられません。

なぜなら次の仕事を探さなければなりません。

「前代未聞!1日に2回退職の手続きを行ってしまいました。 」こちらも是非ご覧ください。


自動車部品製造(派遣)・ハーネスの組み立て(派遣)と2日連続勤務日数1日で退職しているという状況を鑑みて、


「今度は少し目線を変えて違う職種で働こう」と思いました。

エア出勤をしながら無料求人情報誌を見ていまして目についたのが、「ゴルフ場のポータースタッフ」の求人。


ポーターという仕事は簡単に言いますとゴルフバックを運搬し、ゴルフカートに積み込む仕事のことをポーターといいます。


ポーターの仕事に興味を持った私は9月上旬ゴルフ場に応募・面接を受け、そして数日後に内定を頂きました。


自動車部品製造(派遣)・ハーネスの組み立て(派遣)は工場の仕事。

ゴルフ場の面接に行った時の高級感・リゾート感を感じた私は、「ここで働きたい!」と感じました。

759699d41169fed76f8ae417d47971fc_s

いよいよゴルフ場のポータースタッフ勤務初日


間にお盆休みが入ったこともあり約1ヶ月振りの仕事。

ですがゴルフ場のポータースタッフの仕事は始めて経験する仕事ですので、不安もありましたがワクワク感もありました。


ポータースタッフのメンバーに挨拶をしいざ仕事。

教育係は60代のお爺ちゃん。

ゴルフバックは起き場所があり、あ行から五十音順に置いていく、ゴルフバックが意外に重かった。


約10キロはあったのかもしれません。


次から次へとゴルフバックが運ばれてきますので、最初はスムーズに起き場所に積み込んでいましたが、徐々にペースが鈍っていった。



ここで心が折れそうになった。

60代のお爺ちゃんの教え方も常にキレ口調だった。

何しろ初めての仕事だったのでメモして少しでも覚えようとしていましたが、60代のお爺ちゃんに、


「メモするなら身体を動かせ!」と罵声を浴びせられた。

2回目の心が折れそうになった。

ゴルフ場のポータースタッフの仕事は、ゴルフバックの運搬だけではありません。


ゴルフカートを移動する作業もあります。

ゴルフカートはアクセルとブレーキだけですので運転は簡単です。

ゴルフカートを移動し戻る時、支配人の前を通りました。

すると「おい!!人の前の通るなら挨拶しろよォォ!」ドスの効いた声で注意された。


確かに支配人の前を素通りした自分に責任はあります。

しかし思い出すのはゴルフ場の支配人はヤ〇〇ぽい風貌だった。

そしてゴルフ場の客も態度が横柄な客が多かった。

2日間勤務しましたが完全に出勤する気が無くなり、3日目の朝退職届を持参した私は、誰も居ない時間帯を狙い午前7:00前、ゴルフ場の事務所に到着。



予想通り事務所は無人の状態。

洗濯した制服と退職届をタイムカードの横に置き、事務所を脱出。

私マーシーはゴルフ場をバックレる事に見事成功。

ゴルフ場の勤務日数は2日でした(涙)。

これで3社連続3日以内でバックレ&突発退職をかましたのでした(涙)。



ゴルフ場をバックレたその日、私マーシーは、フットワークの軽さを活かし派遣会社の面接を受けたのでした。