高原野菜アルバイトは、基本体力勝負なのは間違いありません。

私マーシーが経験した作業内容は、

①草取り ②草刈り機で草刈り

③石拾い ④側溝の清掃

⑤マルチ張り ⑥定植

⑦ハウス内で種まき ⑧ダンボール作り

⑨肥料蒔き ⑩高原野菜収穫

⑪高原野菜の箱詰め ⑫高原野菜積み込み

⑬集荷場で積み下ろし ⑭収穫後マルチの上をデッキブラシで擦る作業


⑮マルチに穴を開ける作業
 

約15種類の作業があります。

この中で一番大変だった作業は①の草取りです。


なぜかと言いますと、草を取るので草取りです。

ただ草を取るだけです。やること自体超単純です。

つま恋の農家で働いた時、農家の方から、

「マーシーさん今日は午前中草取り頼むよ!」

と言われました。言われた時は心の中で、

「ラッキー♪草取りは単純で簡単♪」

と完全に舐めていました。

確かに簡単です。

最初の30分間はそれなりのペースで草取りをしていきますが、30分を過ぎた辺りから、忍耐力の無い私ですので飽きてしまいます。



しかし畑がとにかく広いんです。

果てしなく広い。

1b4925be7f6187f441d8939e776dacce_s
(こんな感じの畑で草取りの作業をしました。)

ただ高原野菜アルバイトは物凄く体力的にきついです。

私マーシーは100社以上経験した中で、
高原野菜アルバイトが一番きつかったです。


草取りもきつかったですが、収穫作業もかなりきついです。

レタス1箱約8キロです。

2箱持ちますので、2箱合計16キロ近くの重さ。

それをトラクターまで運びますので、かなりの体力を要求されます。


白菜はさらにきついです。

私がお世話になった川上村の農家は1日400箱出荷していました。


1日400箱は少ない方です。


それを全部私マーシーが運搬を担当しておりました。

農家の方と上手くやっていけるかというのも大きな問題です。

高原野菜アルバイトはメリットもあります。

高原野菜アルバイトのメリット


①応募から就業までが早い

②生活費がほとんどかからない

③現実逃避できる

④貯金が出来る

⑤夕日が綺麗

⑥1300mの高原なので夏は涼しい

⑦ダイエットになる(私マーシーは1週間で4キロ痩せました。)


⑧通勤・帰宅ラッシュが無い

⑨休憩時間におやつが出る

⑩早寝早起きで健康的な生活が出来る

⑪毎日レタスが食べられる。

⑫衣食住が全部無料

2015-04-26-214403
(上記の画像は2015年に野辺山高原でお世話になった農家の離れになります。)


高原野菜アルバイトのメリットは12個ありました。

③の現実逃避できるですが、毎日畑と農家の往復ですので社会と極力関わらない生活が出来ます。


川上村に限っては村に信号機が1個しかありません。

ナナーズというスーパーがありますが、コンビニは川上村にありません。


この閉鎖性が私は好きだった。

⑩の早寝早起きで健康的な生活が出来るは、収穫が始まりますと、朝4時に起床します。


夕方5時に終了しご飯を食べ、お風呂に入り、少し休んでから寝ます。


寝る時間は夜8時です。

最初は寝れませんが、体が徐々に慣れて行きます。

今になればいい思い出です。

私マーシーはもしかすると・・・まさかの高原野菜アルバイトに再チャレンジ?


あるの?

嘘でしょ?

無謀過ぎるよ!