安室奈美恵が本日引退した。

今年で既に41歳。

私マーシーは安室奈美恵さんのファンではありませんが、90年代の超絶好調だった時を知っている。


安室奈美恵さん含め小室哲哉が作曲した曲は、一大ブームを巻き起こした。


もちろん他のアーティストも凄かった。

90年代が一番CDが売れた時代なのは言うまでもない。

その中でも安室奈美恵さんは別格だったような気がする。

CDは発売すれば100万枚以上のセールスを記録した。

最近CDは全く買わない。

私マーシーがCDを最後に購入したのは多分07年。

YouTubeで全て事足ります。

CDはいずれかつてのレコードのような存在になる可能性もあります。


デビュー25周年の昨年9月20日に、2018年9月16日で引退することを発表。


特にファンではありませんでしたが心からお疲れ様です。

と言いたいです。

安室奈美恵さんが引退するという事で、いろいろ自分自身の今後の身の振り方について考えた結果、


安室奈美恵さんと同じ

2018年9月16日をもってライブドアブログを引退する決断を致しました。


別に客室清掃の仕事をバックレたわけではありません。

現在も仕事は続いております。

一番大きな理由は「エア出勤」という言葉が徐々にですが社会に定着しつつあるということです。


「このブログにも一定の区切りをつけるべきでは無いか」
という決断に致しました。


やはり人間潔さが大事です。

30d9d647670be84d81d2d100cbb4f694_s

マイクロソフトニュースを見ていると安室奈美恵さんの引退に関する記事がかなり多かった。


記事のタイトルは「安室奈美恵がまとった孤独の正体。みんなの生きにくさを引き受け肯定してくれた25年」。


あれだけ多くのファンに囲まれ25年を駆け抜けたイメージがある。


安室奈美恵さんも孤独な時はあったんだと思った。

私マーシーもエア出勤を05年からスタートした。

本当に孤独だった。

これこそ究極の孤独。

朝起きて1日中誰とも話さない日もあった。

林道で駐車し2時間何もせずボーっとしていた時もあった。

13年間エア出勤の第一人者として駆け抜けてきた。

もうやり切った感がある。

エア出勤の帝王としてやり残したことはありません。

私マーシーの使命は終わったと。

本当に多くの皆様の支えがあったからこそ、ここまで続けることが出来ました。


感謝という言葉しか出て来ません。

エア出勤の帝王・転職の帝王マーシー。

長い旅もここで終わろうとしております。

本日をもちましてライブドアブログを終了致します。