専門学校を卒業し社会人として16年目に突入。

100社以上転職してきましたが、正社員として働いた会社数は4社しかありません。


最後に正社員として働いたのは2012年12月。

自動車部品製造の会社だった。

2012年12月以降は正社員として就職したことは、1回もありません。


2012年までは、

「正社員として働かなければ」

という気持ちはあった。

医薬品製造(派遣)の会社を1日で退職した私マーシーは、1日でも早く次の仕事を探さなければ生活資金がショートしてしまう恐れがありましたので、ハローワークに行き求人を探していた。



気になった求人が「自動車部品製造の求人」。

当時は現在よりも景気は下火の状態で、正社員の求人はそこまで多くは無かった。


この頃はまだ、

「正社員になって安定した生活を送りたい」

という想いはあったので、応募することを決意。

なぜ「自動車部品製造の求人」に応募したのかと言えば、

①正社員の求人であるのも大きかった

②自宅から会社まで15分と通勤時間が短い。

③ボーナスがある。の3点が決め手になりました。

月給は19万円からスタート。

正社員の求人なので2次面接までありましたが、結果内定を頂きました。


その後会社負担で健康診断も受けた。

4697e04fe0f26645db65ac5ecc754c4b_s

「正社員として頑張れば昇給・ボーナスもある!」

「生活も安定する!」

「貯金も出来る!」


とやる気に満ち溢れていた。

勤務初日。

仕事内容は自動車部品でリングの部品を製造。

私マーシーが担当した作業はリングを機会に投入する作業を担当。

キャプチャ101
(上記の画像は実際に私が勤務していた会社が、製造している製品です。上記のリングを製造していました。)


ひたすらリングを機会に投入していく。

「この作業を1日やるの・・・(絶望)。」

この時点で心が折れかけていた。

機械も順調に動いてはくれない。

機械が停止すると私マーシーでは対応できないので、正社員の方が対応してくれた。


私マーシーは見学。

機械の復旧作業も正社員の仕事。

正社員の方が、

「15分で復旧する時もあれば、1時間以上掛かる場合もあるから」


私に言った。

2回目の心が折れかかった。

既に70%心が折れかかっていた。

昼休みを挟んで午後も、ひたすらリングを機会に投入。

初日なので流石に定時で帰っていいとの事でしたが、その前に1つ大きな山が立ちはだかったのです。


終了15分前に課長らしき人が来て、私マーシーに新品のノートを渡した。


課長が、

「マーシー君、これから毎日ノートにその日あった出来事を記入して、提出してほしい」


と言われた。

17時になりノートにその日あったことを記入。

初日だったので、

「本日初日でしたが、作業以前に怪我をせず安全第一で頑張りたいです。」


とこんな感じの内容を記入。

最後に課長に提出して帰宅しなければいけませんが、課長がどこにもいない。


他の人に代理で提出してもらうわけにはいきません。

あくまで課長に提出しなければならないのです。

広い工場を歩き回り、なんとか課長を発見しノートを提出。

「毎日ノートを書いて課長を探し、提出しなければならない」

と考えますと、ここで3回目の心が折れた。

初日が終了した時点で100%私マーシーの心は折れていた。


結果勤務日数1日で正社員の仕事を退職してしまいました(涙)。


いつも通りの結果となってしまいました
(反省&涙)。