水曜日は特別暇なわけでもありませんでしたが、忙しくも無い日でもあった。


これくらいの状況が続けばいいのですが、客室清掃はやはり土日に忙しくなります。


土日はほとんど満室。

大学生3人が去って3週間近くになる。

そしていつも通りの人手不足に戻り、マイナス2人足りない状態が復活。


加藤さん(仮名)が言うには募集はしているらしい。

加藤さん(仮名)は、

「誰でもいいから来てくれないかなー」

いつも言っている。

加藤さん(仮名)の口癖になってしまった。

大学生3人が夏休みを利用し短期アルバイトに来ていた頃は、自分の担当する階の清掃が終了すると、集合時間の14:45まで昼寝をしていました。



しかし大学生3人が短期アルバイトを退職し、いつもの状態に戻ったので、自分の担当する階の清掃が終了すると、他の階の清掃が終わっていないスタッフのヘルプに行くことになるのです。



清掃責任者加藤さん(仮名)が電話があったのは、

水曜日(26日)14:00過ぎだった。

加藤さん(仮名)「マーシー君、2階が終わったら、望月さん(仮名)が作業している7階へ手伝いに行ってください」


と言われた。

私の中では、

(今日は20分くらい部屋で昼寝が出来るだろうなー)

と予想していましたが、完全に予想が外れた。

ヘルプに行くのは当然ですがエレベーター中で、

(大村さん(仮名)の階にヘルプに行っていたら、テンション上がっただろうなー)


と思ってしまった。

大村さん(仮名)は静岡朝日テレビの広瀬麻知子アナウンサー似。

嫌でもテンションが上がってしまいます。

望月さん(仮名)のいる7階にヘルプに行った。

望月さんと一緒に残された部屋を一部屋ずつ清掃していった。

望月さん(仮名)40代後半の主婦。

望月さんと一緒に作業していると、望月さんが突然、

「実はうちの息子〇〇の近くのT字路で事故してしまって、仕事が終了した後弁護士のと事に行かなきゃ行けないんですよ。」


私マーシー「え!?、弁護士ですか?」

望月さん(仮名)「9対1くらいで相手が9で一時停止を無視して、ぶつかったんですよ。しかも相手は任意保険に入っていなかったんです。」



「修理費用をお金が無いので払えないの一点張りで、払ってくれないのでこの後弁護士の所に行ってきます。


私マーシー「修理費用はどのくらいなんですか?」

望月さん(仮名)「50万円くらいです。」

「1割は息子の任意保険で払えるんですけど、このまま払ってくれないと残りも息子が払わなければ行けなくなるんです。」


私マーシー「車運転するのに任意保険に入ってないって、その人おかしいですよ。」


こんな感じの会話がありました。

14fbb6c39ac3f27bd6b9925bf6e96e7c_s

任意保険に加入していないなんておかしいのは事実。

狂っているとしか言いようがありません。

調べてみましたが任意保険には、弁護士費用特約というものがあるらしく、望月さん(仮名)の息子さんはそれを利用するらしいです。


息子さんに付き添いで弁護士の所に行くらしいです。

とにかく息子さんは怪我は無かったので良かったです。

しかしそれ以上に車を運転するのに任意保険に入っていないのは考えられません。


東京・大阪など都市に住んで免許はあるけれど、車を所有せずレンタカーを借りる程度しか運転しない場合は理解できます。


しかし静岡は田舎。

望月さんの息子さんの加害者の住まいは、詳しいことは言えませんが、東部地方の某町。


田舎です。

任意保険に入っていないで良く車を運転できるなと思った。

狂気の沙汰としか言いようがないです。

加害者はこのままちょろまかすのでしょうか?

DSCN2581

木曜日の昼食はカツカレー大盛りをテイクアウト。

辛さは1辛を選択。

1辛でもかなり辛かった。

DSCN2583

カツカレー大盛りだけでは足りないので、から揚げ4個購入。

店員さんが「から揚げ1つ小さかったので、もう1つサービスしておきました。」


と言った。

という事はから揚げを5個購入したことになります。

嬉しい悲鳴です。