先に結論を言えば期間工として某会社に入社し、入社4日目で退職致しました。


【私マーシーが何故入社4日目で退職するに至ったのか?】




を赤裸々に語らせて頂きます。

入社4日目。

8:25ラジオ体操が始まり、その後ミーティング&私マーシーの自己紹介が終了すると、私マーシーが近日中に担当するであろう組み立て工程を、丸1日見学という長い一日が始まるのでした。



1日見学という事は作業手順書を見ながら見学しているだけなので簡単と言えば簡単ですが、ある意味忍耐との戦いでもあります。


しかし、

「ここを乗り越えなければ先は無い」

「ここまで来たらやるしかない」

と8:30過ぎの時点では、私マーシーの中には辞めるという選択肢はありませんでした。


先輩従業員の邪魔にならないように数メートル後ろで見学。

数日以内に下手をすれば翌日から実際に作業するかもしれない可能性もあるので、作業手順書を見ながら真剣に見学します。


①ライン作業なのでレールの上に載って某部品が自分の前に自動的に流れて来る
    ↓
②某部品が自分の前に停止
    ↓
③先輩作業員の隣に棚があります。その棚から部品の名前は言えませんが、部品を取り出す
    ↓
④取り出した某部品にセット
    ↓
⑤ネジを〇個取る
    ↓
⑥電動ドライバーで部品を組み付ける。

①~⑥の繰り返しです。

この流れは約30分くらいで理解。

丁度私マーシーの目線の先には時計があり、時計を見たくなくても見えてしまう時があります。


とにかく時間の経過が遅く感じた。

午前中10:00の休み時間が過ぎた頃から、少しずつではありますが心の中で、


見学で理解できたとしても実際に決められたタクトに慣れるまでには、時間は相当必要だと思うと徐々に不安になってきた。


そしてこの作業を毎日繰り返すの自信が徐々に失せて言った。

とにかくひたすら見学していた。

昼休みを挟み午後も作業風景を見学。

午後の作業を開始して直ぐに班長の高木さん(仮名)が、

「マーシー君午前中だけだけど見学してどうだった?」


私マーシー


「最初は慣れないのは当然だと思いますけど、かなり速いペースで作業しないと間に合わないような感じがしました。」


高木さん(仮名)


「最初は仕方ない。誰もが通ってきた道だから。そこらへんは気にしなくて大丈夫です。」


「後最初慣れないうちは普段生活する中で使わない所に力を入れるから、腱鞘炎になってしまう人がそこそこいるんですよ」


「それはお風呂でマッサージする・テーピングなどをすることによってある程度ケアはできます。」


「工場には医務室もあるので遠慮なく行ってください」

私マーシーも様々な期間工ブログを見ていたので、腱鞘炎・ばね指は知っている。


腱鞘炎が進行するとばね指になり、日常生活にも影響し、最悪手術しなければいけない可能性も出て来ます。


班長の話を聞いているとさらに不安になった。

この時初めて、

「辞めるなら今しかない」

と辞めるという選択肢が浮上するのです。

午後もひたすら見学でしたが、

「辞めるなら今しかない。でも借金返済の為には続けるべきなのではないか」


と心の中でずっと葛藤していた。

時間が経てばたつほど、そのことばかりを考えていた。

入社4日目、この日は定時で帰宅。

工場から出た時は、

「ここまで来たらやるしかない」

「絶対に腱鞘炎になると確定したわけでも無いしやってやるよ!」


と前向きだった。

寮(アパート)に帰宅しご飯を作り、食べると

「明日も頑張るか」

とさらに前向きになったのです。

DSCN2740

夕食はコンビニ弁当で済ませました。

食後のデザートがメイン。

【スーパーカップ超バニラ】

DSCN2741

近所のスーパーで購入したデニッシュクリームパン。

この時点では気持ちは前向きでした。

22:00頃布団に入り布団の中で色々考えた。

明日はいよいよ実際に作業する日。

いきなり最初から他の従業員と同じスピードで出来るわけが無い。

出来なくて当然。

しかしあの作業を3年半もするのかと思うと、夕食後の前向きな気持ちから憂鬱になってきた。


そんな事を布団の中で考えていると、なかなか眠れずトイレに1回行くことに。


朝になり6時00分過ぎに起きると頭がボーっとしていて、あまり寝た感じがしなかった。


憂鬱度がかなり上昇。

この時点ではまだ「出勤しなければ」という気持ちはあったので、ご飯を食べ支度をし7:10過ぎに寮(アパート)を出た。


某工場に行くにはコンビニの前を通り過ぎ、とある交差点を左折しなければいけませんが、あまりに憂鬱過ぎて左折せず交差点を直進し、寮に帰宅したのでした。



ちなみに無断欠勤ではありません。

欠勤の連絡は致しました。

以降2度と某会社に出勤する事はありませんでした。