10月25日はズル休みをかまし、ひたすらモンハンをプレイしていた。


モンハンをプレイしていると嫌な事も忘れる事が出来る。

近くのスーパーに出掛ける以外は、寮(アパート)でモンハンをプレイ。


そんな感じで1日を過ごし、10月26日を迎える。

最後の大仕事が残されております。

それは会社に退職の意思を伝えなければなりません。


入社研修で人事部の社員が、

「退職する場合は人事部ではなく、直属の上司に電話してください」


という話を思い出した。

とりあえずまずは欠勤の連絡を入れる事に。


【午前7:40】


ショートメールで、

「期間社員のマーシーですがおはようございます。本日も体調が回復しないので、大変申し訳ありませんがお休みさせて頂きます。失礼致します。」

2018-10-31-185739
(実際にショートメールで、当日欠勤の連絡を致しました。)


そうしますと間髪入れず返信があり、

「わかりました。体調に気を付けてください。」

という内容のメールでした。

今冷静になって考えれば欠勤の連絡を入れるのであれば、最初から退職を申し出れば良かったのかもしれない。


【8:45分頃】

欠勤の連絡をし、班長から返信があった約1時間後、所属部署のY課長に電話をした。


私マーシー

「期間社員のマーシーですがおはようございます。あのー大変申し訳ありませんが、一身上の都合で退職させて頂きたいのですが・・・。」



Y課長

「えっ?どうしたの?退職するんですか?退職するに至った理由は?」


私マーシー

「正直に言いますが、昨日1日作業している様子を見学をさせて頂いて感じたのですが、一言で言えばこの先仕事を続ける自信が無くなりましたので退職させて頂きたいです。」



Y課長

「要するに自分が想像していたことと違ったという事かな?」

私マーシー

「はいそうです。」

Y課長

「まー残念だけど仕方ないね。人事部に連絡するので、また電話します。」


この会話から約30分後、

【9:15】

人事部から連絡が来る。

「人事部のKと申します。マーシー様の携帯でしょうか?退職したいと所属課長から連絡がありました。退職の手続きをしたいので、〇〇工場守衛所まで来て頂くことは可能ですか?」



私マーシー

「はい可能です。何時頃伺えばよろしいのでしょうか?」

人事部K

「それでは午後12:50分に〇〇工場の守衛所に来てください」 

人事部のKさんから退職の手続きの連絡があったのです。

私マーシーは10月26日、12:50に〇〇工場で退職の手続きをしに行くことが決定致したのであります。


そこで私マーシーはどうでもいいことですが、思いつきました。

「もう〇〇工場に2度と行くことは無い。それであれば社員食堂で最後の晩餐をするぞ!」


10月25日からズル休みをかまし出社していませんが、会社のIDカードはまだ効力あるのは間違いない。


正式な退職の手続きをしない限り、IDカードは使用可能。

という事で社員食堂にて、最後の晩餐(昼食)をすることが決定致したのであります。

【9:20頃】
集合時間は12:50分。

社員食堂で昼食を食べる時間を考慮しても、会社に向かうにはまだ早すぎます。


という事でいつ寮を退寮してもいいように、部屋の片付け&清掃をすることに。


【11:30頃会社到着】

DSCN2965

これが実際に最後の昼食になります。

から揚げ定食です。

メインのから揚げに、みそ汁・ご飯が付いてきます。

下のコロッケみたいな揚げ物は、カレーコロッケになります。

もう2度と〇〇工場の社員食堂に来ることはありませんので、この日は単品でカレーコロッケを頂きました。


プチ贅沢です。

DSCN2966 (1)

ロッカーにある作業靴、私物を回収し準備完了。集合時間の12:50まで15分近く時間がありましたので、〇〇工場のトイレで時間を潰すことに。



【12:50】

〇〇工場の守衛所で人事部のKさんと待ち合わせ。

会議室で退職の手続きを行いました。

手続き自体は30分程度で終了。

寮の退寮手続きも行いました。

これにて私マーシーは〇〇を正式に退職致しました。


その日のうちに地元に帰る事になったのです。

DSCN2968 (1)

会社を出発し帰り道のどが渇いたので、コーラを購入。

DSCN2969 (1)

ついでに「カンデミーナ」も購入。

最近一押しのグミです。

この後東名高速で地元に帰ったのでした。

私マーシーにはまだ最大の大仕事が残されております。



それは前職であるビジネスホテル客室清掃の仕事に復帰する為、清掃会社に電話することです。

次回は清掃会社に復帰のお願いを電話する所からになります。