10月31日(水曜日)。

最後のエア出勤を満喫中。

明日(11月1日)からいよいよ以前働いていた、ビジネスホテル客室清掃の仕事する。


高原にある湖のベンチでリアルゴールドを飲みながら、

「今回も期間工4日しか続かなかったなー」

といろいろ考えていた。

もう何社転職したのか自分でも分からない。

続かなかった一番の理由は、作業風景を見て続ける自信が無かったというのが一番大きな理由ですが、他にも心が折れそうになった出来事がいくつもあるのです。

DSCN1837
(高原にある湖。心に安らぎを与えてくれます。)



そもそも何故今回4日しか続かなかったのかをまとめてみました。



私マーシーのダメっぷりをじっくりご覧ください(反省&涙)。



①作業風景を1日見学し、自分には出来ないと思ったから。


②朝の渋滞で憂鬱になる

③駐車場に到着してから、職場までの道のりが憂鬱


④残業がほぼ固定残業

⑤食堂が混みすぎる
 

以上の5点になります。

詳しく解説致します。


①の作業風景を1日見学し、自分には出来ないと思ったから。

研修4日目は丸1日見学で、私マーシーが実際担当する作業風景を見学していました。


作業を見学し単純に「自分には無理だな」と思ったからです。

詳しくは「期間工を退職するに至った原因を正直にお話致します。 」をご覧ください。


②の朝の渋滞で憂鬱になるは、結局は4日で退職してしまったのですが、5日目も寮(アパート)を出発し会社に向かいました。


アパートを出発した時点で憂鬱でしたし、会社近くの信号機で渋滞が発生し車の車列を目撃した時、「これを毎日続けるのか・・・」さらに憂鬱度が増してしまったのです。



私マーシーは去年(17年5月)製茶工場でGW短期アルバイトをしましたが、


GW期間中だったという事もあり、他県ナンバーの車に追い抜かされたことが原因で、3日で製茶工場をバックレてしまいました(涙)。


朝の通勤は意外に精神的負担が大きいです。

駐車場に到着してから、職場までの道のりが憂鬱ですが、朝の渋滞と言う難局を乗り越えても、駐車場に到着してから職場に到着するまでの道のりが長すぎるのであります。



そしてほとんど同じ時間帯にかなりの従業員が各職場に向かいます。


その光景を見るとさらに憂鬱になりました。

④の残業がほぼ固定残業は、入社3日目の午後に配属になりましたが、班長の高木さん(仮名)に職場・ロッカー・トイレの場所を案内して頂いている時、



「まだ正式に決まったわけではありませんが、今は90分の残業ですけど生産台数が今後も増えて行きますので、もしかしますと3時間近く残業が発生するかもしれません」



と高木さん(仮名)が突然言った。

残業は2時間は覚悟していましたが、

「3時間は無理かも・・・」

と心の中で思った。

⑤食堂が混みすぎるですが、あの食堂の混雑ぶりは憂鬱になってしまいました。

しかし料理の味自体は悪くなかったです。
 

期間工の面接を受けた際にはこうした都合の悪い事は、一切想像しない。


そして後で「あれがダメだったのかも」と色々と理由を見つける。

期間工は4日間で突発退職をかましてしまいましたが、ある意味中身の濃い4日間でした。