11月1日の出戻り勤務初日は、本当に15:00ギリギリだった。


時計を見ると14:58分か59分くらい。

15:00ピッタリにチェックインするお客様もいる。

私マーシーが働いているビジネスホテルは予約する際に、到着時間を記入する欄がありますが、中には15:00チェックインにも関わらず、14:30に来たりする場合もある。



宿泊されるお客様は周辺企業の関係者が多いので、17:00以降にチェックインするお客様が大半。


結果はどうであれ出戻り勤務初日は、15:00までに客室清掃が終了して良かった。


予約が少ない時は15:00で終了後、お弁当を食べて15:30頃帰宅できますが、この日は違った。


9:00~9:30まで待機時間(休憩時間)ですが、待機時間(休憩時間)終了後本来は9:30分からシーツを畳む作業を行いますが、


人手不足の影響で15:00のチェックインに間に合わせるために、9:30から客室清掃を行いました。


シーツを畳む作業は、お弁当を食べ終わった15:30から行わなければならなかったのであります。


しかし家庭の事情など様々な理由で、清掃責任者加藤さん(仮名)と私マーシー以外は15:00で帰宅してしまいます。


3d28ca5f978947fc9546a9304c3cacbd_s

「出戻りして良かった!」と思える出来事がありました。

大村さん(仮名)が残って手伝ってくれる事になったのです。

30代後半で私マーシーよりも数年年上。

しかしどう見ても30前半くらいにしか見えない。

スタイルも申し分ない。

性格も良い。

しかも美人です。

美人過ぎる客室清掃従業員です。

いつもであれば15:00になると清掃責任者加藤さん(仮名)と私マーシー以外は、タイムカードを押して一斉に帰宅する。


お弁当を食べていると、加藤さん(仮名)が、

「マーシーさん、今日は大村さん(仮名)が急遽残って手伝ってくれることになったよ。今〇〇(コンビニ)にお弁当を買いに行ってて、もうすぐ戻ってくると思うけど。」



私マーシー

「本当ですか?それは嬉しいですね。」

心の中で、

(よっしゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!)



(今日はなんて良い日なんだ!)


と心の中でガッツポーズしている自分が居た。

1人増えれば当然その分作業のペースが早くなり、早く帰宅できる。

しかも大村さん(仮名)が残ってくれるという、嬉しい誤算。

大村さんが残ってくれたのは素直に嬉しいです。

別の意味で嬉しいというのもあるかもしれませんが。

お弁当を加藤さん(仮名)と食べていると、大村さんがコンビニから戻ってきた。

a890d3b0d5b78887b8ec7283bd2dd622_s

加藤さん(仮名)が、

「大村さん(仮名)が残ってくれると本当に助かる。ウチの隠れたエースだからね。」


私マーシー

「本当に助かります。」

大村さん(仮名)

「家から近いですし、今日主人が休みなので。」

「マーシーさんが戻って来てくれて、本当に助かります。」

私マーシー

「あ、ありがとうございます。4日で退職してしまいましたけど・・・。」


私マーシーは仕事なんか本当はしたくありません。

15:00でタイムカードを押して帰宅したいというのが本音。

しかし大村さん(仮名)がいるのであれば、19:00くらいまで仕事しても良いと思っている。


しかも大村さん(仮名)が、

「マーシーさんが戻って来てくれて、本当に助かります。」と言ってくれた。


その言葉を聞きやる気がみなぎるマーシー。

私マーシーは真人間になりました。