振り込まれた期間工4日間分の給料が、4,905円という結末を迎えた。


結論としましては私マーシーの忍耐力の無さ

「今回の期間工こそは長く続くだろう」という考えの甘さ、

責任感の無さが、こういう結末を招いてしまったのだと認識している次第であります。


疑問に思ったことがあります。

結果は赤字というのは目に見えていますが、

《4日間の期間工生活はどれだけの赤字なのか》

という疑問がありましたので、いろいろ計算して見ました。

4日間の期間工生活で赤字はどれくらいの額に達したのか?


まずは支出面から。

2018年10月31日の記事では、47,000円の赤字になると予想していた。


しかしこの記事は、4日間分の給料40,000円が振り込まれるという、大甘な予想。


改めて計算してみる必要は十分にあります。

私マーシーは期間工で働く前に先行して愛知県に入り、ビジネスホテルに9日間滞在していた。




9日間のビジネスホテル滞在費用は、

5000円×9日間=合計金額は、

約45,000円。



更に9日間愛知県のビジネスホテルで滞在している途中にも、コンビニ・夕食・夜食・健康ランドなど現地での滞在費が、

9日間合計で、

合計約27,000円。


入寮し期間工を退職するまでの期間は約9日間。

入寮してからの生活費の合計が、

約18,000円。

合計金額は約90,000円。

収入は、

期間工4日間分の

給料4905円。


支出の合計金額は、

収入4,905円-支出90,000円=-85,095円。

結論は85,095円の赤字でした(涙&反省)。

この額を見た瞬間、

「こんなに赤字なの?」

と思った。

いま冷静になって考えてみますと、今考えると

「ビジネスホテルで9日間一体何していたんだろう?」

愛知県でのビジネスホテル生活が、究極に無駄であったのは言うまでもありません。


ビジネスホテル生活をしていなくても赤字なのは間違いありませんが、ビジネスホテル宿泊費・滞在費の合計72,000円が無ければ、赤字の合計金額が13,095円となり、



赤字の幅がかなり圧縮されたのであります。

しかし私マーシーばかりではありません。

某自動車部品メーカー側も完全な赤字なのは間違いない。

会社側も採用業務・寮の受け入れ・健康診断・入社研修・現場配属後の教育・などを含めますと、私マーシーにかなりの時間を割いてくれたのは間違いありません。



特に現場に配属され丸1日作業風景を見学し、次の日は当日欠勤(ズル休み)をし、その後退職と言う流れだった。


私マーシーが退職したという事は、また同じことを会社・現場も行わなければなりません。


現場は今頃4勤2休の勤務シフトに移行しているのは確実。

猫の手も借りたい状況。

会社側もかなり赤字なのは間違いありません。

僅か4日で退職した某自動車部品メーカーに申し訳ないと思いつつも、来年2月は週2日の勤務シフトになるので、


〈2月をどう乗り切るのか?〉

を考えるばかりであります。

これから金策を考えます。

DSCN3280

昨日(12月6日)はブログを書きながら、食後の1杯。

DSCN3279

ハイチュウを1袋頂きました。

気合を入れる為にも必要です。

私マーシーは徐々に生まれ変わりつつあります。

一歩ずつ成長しております。