昨日(12月12日)私マーシーは、客室清掃の仕事をしながら、

《引っ越しアシスタントのアルバイトを、10日間最後までやり遂げる事が出来るのか?》


と自問自答していた。

日給は8,000円。

10日間で80,000円の臨時収入が入る。

あくまで最後までやり遂げる事が出来ればの話ですが。

昨日の記事を書きコメントを1つずつ読んでいますと、ほとんどの読者の皆様は、私マーシーが引っ越しアシスタントのアルバイトをすることに否定的な意見が大半だった。



今までの経歴を考えれば、それも当然の意見です。

詳しくは「10日で給料8万円。心を入れ替え引っ越しのアルバイトをします。 」をご覧ください。


2018-12-09-215316_LI

私マーシーが応募しようとしていた求人はこちらになります。

短期アルバイトは最短10日間くらいから働けるのが魅力。

一応求人には、

《軽い物の入ったダンボールのお運びとなります。》

この文言を見て、

『これならできる!』

と一瞬思った。

2018-12-09-215353_LI

《重い荷物は社員が運ぶのでご安心ください。》

本当にそうなのだろうか?

と思ってしまう。

2018-12-09-215422_LI

1分単位で残業代を支払うのはありがたい。

昨日(12月12日)は、

『本当に私マーシーは引っ越しアシスタントのアルバイトをするべきなのか?』


考えていた。

客室清掃の作業をする為に、エレベータの〈↑ボタン〉を押しエレベーターが1階に来るのを待っている時も、引っ越しアシスタントアルバイトの事ばかりを考えていた。



しばらくしますとエレベータの扉が開くとお客様が出て来ました。



私マーシーは、

『ありがとうございました。』

と一声お客様に声を掛け、エレベーターに乗り担当する5階に向かった。


そのお客様は、家族連れのお客様だったのであります。

多分観光をしてきたのだと思う。

土日は観光客などのお客様が多いですが、平日は企業関連のお客様が多い中、家族連れのお客様は珍しい。


私マーシーと違い幸せオーラを感じる。

何でブログで取り上げたのかと言いますと、

『このお客様、私マーシー同じ
35歳なのかも。』

と思ったからです。

それに対して私マーシーは独身。

ここまでの救いようが無い、低スペックをお持ちの人はそう多くは存在しない。


お客様もまさか客室清掃の従業員が100社以上転職し、借金が73万円あるとは知る由もない。


19・20歳の専門学校で勉強していた時は、まさか自分がこうなるとは予想していなかった。


専門学校を卒業直前、私マーシーは簡単ではありますが、ざっくりと人生設計なるものを描いていた。


それによりますと

20歳専門学校卒業
  ↓
地元企業に就職。

60歳の定年退職(現在は65歳)まで1つの会社で働く
  ↓
30歳で貯金700万円&結婚
  ↓
32歳でマイホーム購入
  ↓
34歳で第一子誕生
  ↓
36歳で第二子誕生
  ↓
家族サービス全開のイクメンパパ

ここまでは絵に描いたような人生。
  ↓
それが転職回数100社以上
  ↓
35歳で借金73万円
  ↓
エア出勤歴13年以上の人間になってしまいまし
(涙)。



私マーシーは学生時代に限って言えば真面目な人間だった。

中学・高校と1日も休まず皆勤賞を受賞したことがある。

専門学校も3日しか休んでいない。

20歳の時には、

『60歳の定年退職まで1つの会社で勤めるんだな』

と本気で想像していた。

『結婚し、マイホームを購入し、更には奥さん・子供は2人くらいで良いかな。』


と本気で想像していた。

しかし現実は全くの逆の人生を歩んでいる。

何の弁解の余地はない。

しかしプラス思考で考えれば現在は、ライブドアブログの無職・ニートカテゴリで常に2位をキープする、人気ブロガーへ成長することが出来たのが唯一の救い。



転職回数100社以上は消える事はありませんが、せめて現在抱えている借金73万円は返済したい。


幸せオーラ全開のリア充家族と、負のオーラ全開の非リア充のマーシー。


この差は余りにも大きい。

来年は2019年。

根拠はありませんが、来年は良くなるような気が致します。

来年2月は週2日になる事が確定しているので、引っ越しアシスタントのアルバイトをすること検討している。


2019年は良い1年にする為にも、10日間なんとか最後までやり遂げたい。


まさかの1日でバックレだけは、絶対に避けなければいけません。

1日でバックレ?




あるの?




嘘でしょ?