2月は週2の勤務シフトが確定している。

という事は収入が少なくなる。

それを補う為引っ越しのアルバイトを行う方向で考え中。

引っ越しのアルバイトは確かにキツイイメージはある。

今までの職歴から言えば、バックレ・突発退職の可能性は十分にある。


ですがそれでも前に進まなければならない。

もちろん引っ越しアシスタントのアルバイト以外に興味のあるバイトがあれば、そちらを検討したいと考えております。


自宅周辺から通勤できる会社が少なくなってきているのも事実。

しかし業種を絞らず仕事をこだわらなければまだ仕事はある。

例えば長期勤務orフルタイム勤務で入社し、3・4日で退職したとする。


例え3・4日で退職したとしても、給料は入る。

最初から入社祝い金狙いで入社し、入社祝い金が振り込まれたのを確認した直後に、バックレor突発退職をかます。


その手法を一時期考えましたが、人としての道理に反しますので、却下致しました。


私マーシーは入社祝い金を頂いた直後に、突発退職をかましたことが3社あります。


1社目は2007年に派遣会社を通じて勤務した、電子部品製造の会社で働いていました。


入社3日目の昼休みに車内で時間を潰していた所、派遣会社の営業が、


『マーシーさん、はい、入社祝い金です。』

と私マーシーに封筒を手渡しました。

そこには何と入社祝い金3万円が入っていたのです。

しかし入社祝い金を頂いた直後、勤務日数3日で突発退職をかましてしまいました(涙)。


CVテックで働いた時も、直後に突発退職をかましてしまいました。

スズキで働いた時もそうです。

しかし言わせて頂きたい。

私マーシーは入社祝い金目的で退職したことは一回もありません。


会社に出勤するのが憂鬱になり、結果として突発退職をかましてしまったというのが、事の真相。


仮に入社祝い金が振り込まれていなくても、突発退職をかましていたことに間違いありません。


某自動車部品会社で期間工をしていた時(4日で退職。)、アイシンAWで働いていた男性と休み時間一緒になり、入社祝い金が振り込まれた直後にバックレる人が存在することを知った。



『4日間で期間工を退職した私マーシーに、入社祝い金?嘘でしょ? 』もご覧ください。


d0604d0b4105fb184e8c0171d33c4b6c_s

某紹介会社からアイシンAWに入社しますと、入社祝い金20万円が振り込まれます。


入社日にまず10万円。

勤務して20日後に残りの10万円。

20日勤務ということは、約1ヶ月勤務しなければ残りの10万円は振り込まれないことになる。


日給1万円で計算すれば約20万円。

給料にプラス20万円で、

1ヶ月で合計40万円の収入をゲットすることが出来ます。


入社初日10万円をゲット
  ↓
インフルエンザでズル休み
  ↓
徐々にフェードアウト。
  ↓
体調不良が原因で退職。


こちらの記事もご覧ください。
    ☟☟☟
スズキで期間工をしていた時は、インフルエンザ(仮病)で欠勤しフェードアウト(最終的に退職)致しました。入社祝い金を含め37万円ゲット致しました。



来年2月は、《入社祝い金が振り込まれた直後に退職》を一時期真剣に考えた。


しかしそれは人としてやってはいけないことなので、断念致します。


人として成長した姿を、皆さんにお見せしなければなりません。


現在私マーシーは、

①恵方巻製造アルバイト 

②引っ越しアシスタントのアルバイト

③交通量調査 

④新規開店前の品出し
 

4つの選択肢がある。

私マーシーは一体どうなってしまうのか?

期間工で入社し、入社祝い金が振り込まれた直後に突発退職は行いません。