来年2月はビジネスホテルの稼働率が著しく下がり暇になるので、週2の勤務が確定している。


ダブルワークをする方向で考えております。

週2の勤務でもなんとかギリギリ生活できますが、生活に余裕が欲しいです。


現時点で私マーシーが働こうと考えているアルバイトは5つあります。


第5位:働く確率10%

日雇い派遣


第4位:働く確率10%

恵方巻製造アルバイト


第3位:働く確率15%

交通量調査


第2位:働く確率20%

新規開店前の品出しアルバイト


第1位働く確率45%

引っ越しアシスタント
 


になります。


《10日で給料8万円。心を入れ替え引っ越しのアルバイトをします。 》と引っ越しアシスタントのアルバイトをする事を決意しましたが、否定的な意見が大半だった。




私マーシーの職歴を考えますとそう言われて当然。

10月26日某自動車部品メーカーを、勤務日数4日間で突発退職をかました直後ですので尚更です。


ここからは世間一般的な視点では無く、私マーシー的視点で言わさせて頂きたい。


期間工を4日間で突発退職したのは紛れもない事実。

その事実を受け止める事も大事。

思い返せば私マーシーはかなりの会社を短期離職してきた。

短期離職を1ヶ月以内と定義するならば、かなりの会社を短期離職してきたことになります。


そこで

『今こそ過去の自分と向き合うべき』

という事で、私マーシーの短期離職の歴史を振り返ってみたいと思います。


52c83e9b40b042afc7f59b6cd6f4075b_s


私マーシーの短期離職ベスト5!!!



第5位働いた日数1日 

自動車部品製造(正社員)

退職理由=ノートを課長に毎日提出するのが面倒になり、勤務初日の翌日、退職届を会社に提出し突発退職。


第4位:働いた日数1 

ブロイラー農場(契約社員)

退職理由=鳥の多さに圧倒されたことと、匂いが原因で1日でバックレ。


《1日でバックレた会社から給料を貰う事は可能なのか? 》ブロイラー農場のお仕事の様子が詳細に書かれております。


第3位:働いた日数4時間
 

中小企業で自動車部品のバリ取り(アルバイト)

退職理由=休憩室が喫煙所だったことと、翌日憂鬱になり入社4時間でバックレ。


《入社4時間で退職(バックレ) 》も参考にご覧ください。小さな町工場を入社4時間でバックレた様子が、詳細に書かれております。


第2位:働いた日数2時間20分 プ

ラスチック製品製造(派遣)

退職理由=体調不良で早退。その流れで突発退職


《2時間20分で会社を退職 》プラスチック製品製造の会社を2時間20分で退職した時の様子が、詳細に書かれております。


第1位:働いた日数90分 

ゴルフ場で会員募集のPRスタッフ

退職理由=第一候補の仕事(農業の会社。3ヶ月でバックレ。)が見つかったので退職。


《研修1時間30分を行い、辞退の連絡をすると、制服代を請求さたけど、どうすればいいですか? 》ゴルフ場で会員募集のPRスタッフを、90分で退職した時のエピソードが詳細に書かれております。



私マーシーの短期離職ベスト5を書きながら、

『こんな短期間で退職(バックレ&突発退職)したの?』


と思った。

今までの最短勤務記録は、ゴルフ場で会員募集のPRスタッフを90分で退職。


来年2月に働く予定の引っ越しアシスタントのアルバイトは、90分以内で退職は絶対に避けたいです。