恋愛に関する記事が意外に好評なので、暫くは私マーシーに関する恋愛記事を書いていこうと思います。


専門学校在学中に同じクラスの女子Kさんに告白。

Kさんも迷っていて、表情を見ているとまんざらでもない様子で、正直いけるなと思った。


待っている間は、なぜか興奮している私マーシーがいた。

そして様々な事を想像してもいた。

しかし結果はあえなく撃沈。

専門学校を卒業して17年になりますし、Kさんに未練は全く無いので言わさせて頂きますが、Kさんはギャルではなく清楚系。


真面目な性格で、能年玲奈と広瀬すずを足してマイナス200にしたような感じ。


タイプ的には自分から積極的に告白するようなタイプではない。

年賀状の名前も専門学校当時の名前なので、間違いなく独身。

正直思う。

Kさんは自分から積極的に告白するようなタイプではないので、私マーシーをふったことを後悔しているのではないかと。


専門学校を卒業して以降は現在の学生みたいに売り手市場ではなく、会社側が圧倒的有利な買い手市場。


就職活動もしましたが就職氷河期でしたので、仕事が見つからず専門学校を卒業。


学生時代から働いていた某ファストフード店で、何もせず自宅警備員をしているのもどうかなという危機感もありましたので、某ファストフード店でアルバイトをすることに。



ファストフード店は女子率が非常に高い。

私マーシーが勤務していたファストフード店は、スタッフ数は全員で25人前後は在籍していた。


その内男性スタッフは7人。

ファストフード店という職種柄若い女子率も高い。

そこで出会ったのはAさん。

年齢は24歳。

Aさんは無職で正社員の仕事を探しているらしく、某ファストフード店には、次の仕事が見つかるまでの繫ぎで入社したとの事だった。


私マーシーは当時週6のフルタイムで働いていたので、Aさんと接する機会も多く、正直ほぼ好きになりかけていた。


Aさんは正直可愛い。

性格も良い。

基本清楚系ですが、少しお嬢様的な部分も入っていたのかもしれない。


これも今から15年前なので、もう言っても良いと思いますが、専門学校時代に告白したKさんより可愛かった。


まずは携帯番号の交換を企みますが、何しろ恋愛経験ゼロの私マーシーですので、中々手渡すことが出来ない。


ズルズルと時間と日にちだけが過ぎていきますと、私マーシーより5歳年上の同じ男性アルバイトN君が、Aさんに

「後でメールするよー」的な会話をAさんとしているのを聞いてしまった。


その時私マーシーは、

「という事はN君は、Aさんの番号知っているのか」

という事で、この時点でAさんと携帯の番号を交換することを諦めてしまう。


そして終了。

今思いますとN君は長年同棲している彼女がいたのであります。

なので携帯の番号を交換は、特別恋愛感情などの深い意味は、無かった可能性が極めて高い。


携帯の番号を交換する前から諦めている。

そしてAさんは正社員の仕事が決まり、退職。

恋愛に関しては、行動力が本当に無いと実感している次第であります。


DSCN3785

2月11日「先輩に相談だ!!」を放送直前に控え、時間があったので、500円を支払い有料のビデオ鑑賞。


DSCN3802

いよいよ放送開始。

「あーこの場面かー」と1人でニヤニヤする私マーシー。

顔出しです。

私マーシーはこんな人の良い感じの人間です。

DSCN3791

私的には放送は大満足。

IMG_20190212_080516

翌日(2月12日)朝、東横インの食堂で、朝食。

食堂はビジネスマン・観光客で大混雑。

少し食堂が狭い。

移動するのに一苦労。

IMG_20190212_082443

席と席の感覚が狭いので2皿目は焼きそばを、2.5倍頂く。

朝なので多少控えめ食べる事に。

一時のパラダイス気分は終了。

東横インを出た瞬間から現実に戻ってしまった。

しかし2月12日からが、新たな再スタートという意識で行きたい。


ここから私マーシーの逆襲は始まっている。

①会社名募集

②彼女募集⇒私マーシーはスマホがありません。

ガラケーです。メールアドレスをコメント欄に記載する場合は、「非公開希望します」と一言お願い致します。


そうしますと非公開で他人に個人情報を見られることはありません。


会社名募集と、彼女募集は、随時コメント欄で受け付けております。