ズル休み6日目。

明日金曜日でいよいよズル休みをかまし1週間になる。

職場では、

『マーシーさん、まだインフルエンザ治らないの?』

『もうすぐ1週間だよ!』

と言っている可能性もある。

コメントでも

『バックレしないで正直に言えば?』

というような趣旨のコメントを頂く。

本当は本音を言いたい。

申し訳なさから本音で言う勇気がない。

10ヶ月お世話になった職場なので、バックレは出来ればしたくない気持ちが非常に強い。


辞意を伝えて辞めたいという方向で考えている。

しかし自己都合による退職でも色々な退職のやり方がある。

退職の方法を考えてみたそこで本日は、

〈どんな形で退職するべきなのか?〉

退職方法を考えてみました。

①電話で辞意を伝える

②職場に出勤し辞意を伝え、1ヶ月後に自己都合退職


③退職届を会社に郵送し退職。

④朝誰も居ない時間帯に清掃会社の事務所に退職届を置いてくる。


⑤バックレ


今の所考えられるのは、以上5つの退職方法があります。

【①電話で辞意を伝える】は退職理由は色々とある。

例えば読者さんからのご提案で、

『インフルエンザから肺炎になってしまった』

というのは妙案。

病気が理由にすれば100歩譲って心の中で疑っていても、退職を了承せざるを得ない。


しかし問題点がある。

病名は公表できませんが、(私は病名を知っている)Tさんという方が体調不良で休職している状態。


既にインフルエンザでズル休みしていますが、そのような状況の中で多少心苦しさはある。



【②職場に出勤し辞意を伝え、1ヶ月後に自己都合退職】

は理想の退職方法はこれだと思う。

辞意を伝え1ヶ月後に退職すれば、実質的な円満退職と言っても過言ではない。


しかし辞意を伝え1ヶ月後まで働くと言うのは気が思い。

1ヶ月持たずにブッチ(バックレ)してしまう可能性大。

【③退職届を会社に郵送し退職。

はバックレは当然避けるべきであります。

最低限の意思表示という事で職場に退職届を郵送し退職致。

④朝誰も居ない時間帯にビジネスホテルの休憩室に退職届を置いてくる。


は仕事が開始する9時前に事務所に行き、休憩室の机に退職届を置いてきます。


これは以前ゴルフ場を退職した時に行った方法。

自宅の電話番号は昔の電話番号なので、携帯への着信を無視すれば、バックレは成立してしまう。


しかしそれは極力避けたい。

いずれにしましても職場から電話が掛かってくる可能性は日が経つごとに高まっている。


カウントダウンは始まっている。


私マーシーはどうなってしまうのか?

DSCN3981

完全に春の陽気の、5日水曜日。

いつものように道の駅で時間を時間を潰す。

大好きなお菓子〈カプリコ〉をベンチで食べながらのんびりと過ごす。


DSCN3986

その後は後部座席でネットサーフィンなどで時間を潰す。

fire7を購入してからコメントの返信を随時行えるようになったのは大きい。


このままこの生活が一生続けばなと思ってしまう。

清掃会社からいつ電話が掛かって来ても良いように、心の準備はしておく。