ついに電話がかかって来ました。

3月6日。

時間は12時過ぎ。

いつもの公園でブログ記事を書いたりして、時間をつぶしていた所、見知らぬ番号から着信が。


番号が表示され

『もしかすると清掃会社から?』

『ついに来るべき時が来たのか!』


と心臓がドキッとなり心臓の心拍数が上昇。

ビジネスホテル客室清掃の責任者加藤さん(仮目)の携帯番号は登録してありますが、清掃会社本社の番号は登録していない。


心臓の心拍数が急上昇し

『電話に出るか?出ないのか?』

わずかな時間でありますが、判断に迷う。

そうこうしている内に電話の着信が切れてしまった。

『間違いなく清掃会社からに違いない!』

と確信した私は後ろめたさを感じながらも、折り返し電話をかける事を決断。


電話をかけると

『はい〇〇です。』

電話の相手は清掃会社ではなく、農業の会社からだったのであります。


e94866feab5b33bf40c17e3c43d50572_s


ビジネスホテル客室清掃の職場にインフルエンザでズル休みの連絡をした後、フットワークの軽さを活かし農業専門の求人サイトを閲覧していた。



そこで求人を閲覧していた所興味のある求人を発見。

そして応募。

その時は軽く職歴・農業経験の有無など、15分程度会話を行い終了。


選考し折り返し電話をするとの事。

しかし3・4・5日と日だけが経過し、

『もうこれはダメだな』

と諦める私。

しかし3月6日12時過ぎに、農業専門の求人を取り扱う会社から電話。


諦めていたので少し嬉しく感じる。

担当者が、

『応募した農家さんは選考から漏れてしまいましたが、マーシーさんにご紹介したい農家さんがございます。』


詳しくは言えませんが条件は以下になります。

【仕事内容】

高原野菜生産・出荷作業

【時給】

1,000円

【時間】

7:00~17:00

【待遇】

寮完備・3食提供(自炊も選択可・その場合は食費を支給)

【休日】

週1日 


条件は以上のような感じになります。

条件的には悪くない。私マーシが初めて高原野菜アルバイトに行った時、日給が6,800円。


時給に換算しますと850円。

中には日給が6,400円という農家も存在していたくらい。

それに比べますと人手不足の影響で時給が上昇し1,000円台に突入。


私が再度検討し折り返し電話をするという事で話がまとまった。

正直清掃会社からだと思ってばかりでしたので、少し拍子抜けした感もある。


しかし農業の会社からは嬉しい誤算でもある。

当然折り返しの電話を致します。

『久し振りに高原野菜の仕事をやりたい』

という気持ちが日に日に強まっている。

ここまで来たらやるしかない。