3月15日金曜日は、セルフ式ガソリンスタンドの面接でありました。


以前勤務していたビジネスホテル客室清掃の職場の近くで、赤信号で停車中偶然発見した求人。


応募する以前から、

『ガソリンスタンドって危険物の資格は必要だったような』

と疑問に感じながらも、応募し面接して初めて分かる事もあるという事で、応募することを決意。


3月15日9時30分から、セルフ式ガソリンスタンドの面接。

私マーシーは100回以上転職し、バックレ・突発退職ばかりかましておりますが、面接に関して言えばほとんど遅刻したことが無い。



Googleで場所を確認しいざ面接。

9時20分過ぎにガソリンスタンド本社に到着。

事務所の応接室みたいな部屋に案内され、40代半ばの男性社員が対応。


『履歴書をお願いします。』

と言われ履歴書を提出。

いざ面接スタート。


ガソリンスタンド社員

『マーシーさんは専門学校卒業後は〇〇(某ファストフード店)で働いていたんですね。結構長いですねー。』


私マーシー

『〇〇(某ファストフード店)は学生の時からアルバイトで働いていまして、専門学校を卒業した時に就職先が無かったので、学生の時の流れでお世話になりました。』



ちなみに某ファストフード店の勤務歴は、結構長く設定しております。


大体職歴は2~3つにまとめている。

職歴に関する質問の後は、仕事内容。


ガソリンスタンド社員

『仕事内容はセルフなので、給油作業はありませんが、売り上げの集計・セルフの使用方法・灯油の配達などがあります。』


『マーシーさんの自動車免許はマニュアルですか?』


私マーシー

『はい。マニュアルです。』


ガソリンスタンド社員

『後は正社員になるには、危険物の免許を取ってもらう事になります。』


私マーシー

『最初は免許なしでも入社可能ですか?』


ガソリンスタンド社員

『可能ですけど、アルバイトになります。アルバイトで働きながら取る形になります。』


私マーシー

『テストを受けるにはある程度勉強しなければいけないと思いますが、本とか資料は会社が用意してくれるのではなく、自分で用意する形ですか?』



ガソリンスタンド社員


『はい。そういうことになります。』

私マーシー

『資格の取得費用は、自己負担という形ですか?』

ガソリンスタンド社員


『自己負担になります。』


私マーシー

『試験の難易度は例えばTOEICですとか漢検・英検など擬態的にどのくらいですか?』


ガソリンスタンド社員

『うーん難易度ねー。しっかり勉強すれば1回で合格可能ですけど、勉強しないと合格できないと思います。』


こんな感じで面接は終了。

事務所を出て車に戻り時間を確認した所、9時38分近く。

ガソリンスタンド本社に到着したのが9時20分過ぎなので、

時間にして面接時間は約10分。


資格の取得費用を自己負担という時点でセルフ式ガソリンスタンドは無いと思った。


63009246de0133e5ea4f279d74414705_s


かなり以前ですが、23歳の時エアコン部品製造の会社で働いていましたが、いずれ溶接の資格が必要という事で、溶接の国家資格を取得する為、



先輩従業員と工業系の専門学校に溶接の資格を取得しに行ったことがあります。


その時の取得費用は全額会社負担。

エアコン部品製造の会社が、資料も用意してくれた。

結局試験に合格することが出来、後は資格証明書を届くのを待つのみでしたが、直後に突発退職をかましてしまいました。


私マーシーの考えが甘かったと言われればそれまでかもしれませんが、資格取得費用は、会社側が負担してくれるものだと考えていた。



それが全額自己負担。

今の私マーシーには全額自己負担する経済力は無い。

採否は採用だった場合24日までに電話が来ることになっている。

仮に採用の電話が来たとしても断る方向で考えている。

セルフ式ガソリンスタンドの面接終了し約15分後、ファミリーマートの駐車場で、派遣会社(自動車部品製造)に応募するのでありました。