3月29日に電話面接。

前日28日午後14:30に応募した派遣会社Aの電話面接は、たったの10分で終了。


仮に採用があっても断ります。

あんなに感じの悪い派遣会社の久しぶり。


しかしなぜ仮に派遣会社Aから採用された場合でも断る事が出来るのかと言いますと、3月29日派遣会社Aの電話面接が11:30からありましたが、



その約1時間前の10:30頃に、27・28日に電話がかかって来る予定だった派遣会社から採用のがあったのであります。



29日10:30頃、来たる派遣会社Aの電話面接に備え、車内でグミを食べながら英気を養っていた。


7e481e0a79c7472baba33b3d63834652_s


派遣会社営業田口さん(仮名)

『マーシーさん申し訳ないです。本当は前日までに電話する約束でしたが、申し訳ないです。』


私マーシー

『いえいえ、全然気にしていないです。』

田口さん(仮名)

『それでマーシーさん4月の●日から就業可能と言ってましたよね?』


私マーシー

『はい。4月●日から就業可能です。』

田口さん(仮名)

『勤務地なんですが、マーシーさんが希望していた豊橋市なんですが、派遣先企業の生産状況の関係で、岡崎市勤務となってしまいますが、よろしいでしょうか?』



私マーシー

『はい。全然大丈夫です。』

営業田口さん(仮名)

『集合場所は、岡崎市の〇〇でお願い致します。着いたら電話してください。後でショートメールで住所送ります。それでは4月●日〇〇でお待ちしておりますので。』



で会話が終了しそうになりましたので、

私マーシーは、

『何点か質問があるのですけど、持ってくるものは何かありますか?』


営業田口さん(仮名)

『いえ、特に無いです。』

私マーシー

『アパートには冷蔵庫や洗濯機・布団などはありますか?』

営業田口さん(仮名)

『はい。あります。全部完備されているので。』

私マーシー

『という事は、持ってくるものは身の回りの物を持ってくれば良いといった感じですか?』


営業田口さん(仮名)

『そうです。そんな感じで全然大丈夫です。』

派遣会社営業田口さん(仮名)との会話は要約しますと、以上になります。


営業田口さん(仮名)との会話は電話面接というよりも、赴任日を会話しているといった感じに近い。


去年の10月上旬期間工で愛知県豊橋市で働いた時は、入社書類が30枚近くはあったと思う。


しかし今回はゼロ。

『本当にこんな感じで良いのか?』

と何かきな臭い感じもしないわけでも無い。

しかし結果としましては、某派遣会社に入社決定致しました(祝)。

入社日ですが4月1日から働くことになりました。

今回はバックレは絶対に致しません(本気)!!!