この記事は夜逃げを決意する前(日曜日)に書きましたので、一応ご覧ください。


4月5日。

ラジオ体操の音楽が流れ始め、先輩従業員に付いていくと、朝礼が出来そうな広いスペースに到着。


しかし皆ラジオ体操をやるのかと思いきや、ラジオ体操をすることなく、ただ立っているだけ。


音楽が終了すると仕事前のミーティングが開始。

冒頭K班長が、

『本日から派遣の方が1名入社されます。名前はマーシーさんです。』


K班長から紹介されると私マーシーは軽く会釈。

大体私マーシーの部署と言いますか班は、多分10名くらいはいた。


当然と言えば当然ですが、紹介された瞬間私マーシー以外の全員の視線を感じた。


注目度が一気にアップ。

他何か仕事の事でK班長が話すかと思いきや、朝のミーティングは、私マーシーの自己紹介のみで終了。


そしていよいよ仕事開始。

K班長の部下にI副班長という方がいますが、私マーシーは指示通り、I副班長の後を付いていく。


『今日は1日立って見学かな』

と予想。

I副班長が、

『今日からマーシーさんには、ここの仕事をやってもらいます。』

I副班長が、

『まずは、機械から〇〇という部品が出て来ます。』

〇〇という部品は名前を言うと身バレに繋がるので、〇〇という表現に留めておく。


『その後は、その部品を持って箱にこのように入れます。』

具体的な説明はありましたが、ブログでは〈このように入れます〉という表現に留めておく。


『それを箱に入れます。これで終了です。』

私マーシーは自動車部品の箱詰め作業を担当することになったのであります。


箱と言いましてもそこそこ大きな鉄箱。

部品もそこそこ大きい。

作業を見学した率直な感想は、『簡単な作業』。

そうしますとI副班長から名前も知らない50代の男性に作業をバトンタッチ。


I副班長が、

『自分は別の仕事があるので、マーシーさんは見学しててください』


と言われる。

少なくとも確実に言える事は、組み立てでは無い。

前回の期間工は、組み立ての部署に配属され、見学している内に、『自分には無理だ!』と実感し、入社5日目の朝もアパートを出発しましたが、



憂鬱過ぎて、コンビニを過ぎた交差点を左折しなければ会社に行けませんが、左折せずに直進し、寮方向に走り去りました。


前回期間工は入社4日で突発退職をかましてしまったのであります。
           
↓↓↓
〈入社4日で突発退職をかました、『期間工を退職するに至った原因を正直にお話致します。』も是非ご覧ください。〉


組み立てでは無く加工の部署で自動車部品の箱詰め作業。

そこは救いでもある。

まず最初の目標は前回の期間工は入社4日で突発退職をかましてしまったので、4日はクリアしたい



DSCN4132

4月5日夕食。

この日は無性に甘いものが食べたかったので、ホットケーキを作る事に。


DSCN4133

しかしただのホットケーキではない。

驚異の6段重ね!

マーシー特製ホットケーキ

〈バベルの塔シャルティエール風にチョコレートを添えて〉

今までホットケーキは何回も作って来ましたが、今回が一番最高傑作と実感。


DSCN4135

久し振りのお酒。

アルコール3%。

DSCN4136

そして久し振りのキットカット。

DSCN4134

甘いものばかりもどうかという事で、

マーシー特製〈彩り野菜サラダ〉

少しはバランスと取らないといけない。

サラダで思い出しましたが、4月9日から始まる予定の高原野菜の仕事は、4月7日メールで辞退の連絡をしましたが、送信不可で繋がりませんでした。



月曜日(8日)にもう一回連絡を試みますが、万が一繋がらなかった場合はブッチ致します。