午後15:00過ぎ、派遣会社営業田口さん(仮名)に欠勤の連絡をした。


明日未明に夜逃げを実行致しますが、今日は流石に無断欠勤はマズイという結論に達した。


欠勤理由は、

『体が怠く風邪だと思いますので、欠勤したいのですが・・・。』

と連絡。

営業田口さん(仮名)は特に疑う事も無く、

『はい!わかりました!〇〇さんには連絡しておきます!』

と特に何も疑われる事も無く欠勤の連絡は終了。

通話時間は1分未満。

入社して3日目に突発欠勤なので、問い詰められるのかと思いましたが、全然そんなことは無かった。


もしかすると電話を切った後、

『岡崎のマーシーさん3日目で欠勤かよ!使えねーな!』

と噂しているかもしれない。

もうすぐ送迎バスの迎えの時間が迫っている。

しかし私マーシーはその送迎バスに2度と乗車することは無い。

工場派遣にしてもそう、明日からお世話になる高原野菜の仕事もそうですが、何回も突発退職&バックレをかましているにのも関わらず、また働いてしまう。



何回も転職を繰り返している人間の思考でもある。

来年の今頃も変わらず今日みたいな感じで生きているのかもしれない。



この負の連鎖を何とか断ち切りたいのですが、私マーシー個人ではどうする事も出来ない。


午後3:00頃に昼寝から起きてからは、部屋の片づけを開始。

大分片付いてきた感じ。

明日は岡崎市から長野県への大移動が控えている。

愛知県~静岡県~山梨県~長野県。

移動は6時間と予想。

休憩時間を合わせれば9時間は確保しておきたい。

その為にも今日中に極力荷物を車に搬入しなければならない。

もう

『究極のガチ!』

『最後のラストチャンス』

などのフレーズを使用する気にもなれない。

地元に帰っても徐々に働ける職場が少なくなってきているのも事実。


仮に高原野菜を夜逃げした場合、地元で就職活動は相当苦労すると思う。


明日から働く高原野菜の仕事も『今度こそ!』という想いは無くな無いですが、多分バックレると思う。


バックレでは無く夜逃げの方が可能性が高い。

続ける自信も無い。

忍耐力も無い。

今から宣言しておいた方が気は楽である。

働く前から変にプレシャーをかけていたのかもしれない。

DSCN4147

本日の夕飯。

クオカードで購入した『大盛りペペロンチーノ』

DSCN4146

『大盛りペペロンチーノ』だけでは足りないので、

『香ばし炒め!チャーシュー炒飯』

も購入。

DSCN4148

アパートの冷蔵庫に残されていた竜田揚げ。

後シュークリームも頂く予定。

置手紙を書いた後、明日は朝早いので、早めの夕食を頂きます。

『腹は減っては戦は出来ぬ』

ということわざがありますが、私マーシーは戦をする前に敵前逃亡をしている。


明日は集合場所である、長野県某コンビニ駐車場に無事行くことがいるだろうか?


え?