全て真実を書きます。

働いたのは浅間山山麓の農家では無く、山梨県の八ヶ岳山麓の農家です。


身バレ防止の為。

勤務日数は5日。

非常にレベルの低い話ですが、プラス思考に考えれば6日間という勤務記録は、トヨタ系部品メーカー期間工4日、トヨタ系部品メーカー(派遣・岡崎市)2日と比べれば、



勤務期間が約10ヶ月間のビジネスホテル客室清掃の仕事を抜かせば、一応過去最高。


夜逃げが選択肢に浮上したのは18日未明午前2:30頃。

トイレから帰って来て

「今日もあの広い畑で仕事するのか。怠いなー」

「夜逃げするならこの時間帯か・・・。」

と急に夜逃げという単語が脳裏をよぎりました。

木曜日は過去最高に憂鬱な状態で仕事スタート。

5日目はどんな作業をしたのかと言いますと、肥料蒔き。

まずは1.5tのトラックに重さ15キロ肥料を、15袋程度積み込む。


重い。

「収穫の時はレタスを約500箱は出荷する。これを毎日やらなきゃいけないの?」


と何回も高原野菜の仕事を経験しているのにも関わらず、憂鬱という真っ暗闇のトンネルに突入していく。


農家の岡田さん(仮名)が運転し指定の畑に到着。

肥料袋を降ろす。

背中に肥料の入ったカバンみたいな物を背負い、棒みたいな先から肥料が出てくるので、広大な畑を往復し肥料をワンさん(仮名)と一緒に均等に蒔く。



完全に辞めたいモードハイパーMAX状態。

「収穫の時はこの広い畑を収穫するのか(テンションが下がる)。」

と想像すると余計に辞めたくなっている私マーシー。

しかしたまにワンさん(仮名)と目が合うと、ワンさん(仮名)は笑顔。

ワンさん(仮名)も重そうだったので、

私マーシーが「大丈夫?」

と言うと

ワンさん(仮名)「ダイジョウブ!」と笑顔で返してくれる。

肥料蒔きした畑は微妙に傾斜があったので、更に体力が奪われる要因にもなった。


4月18日午前中は肥料蒔き、昼休みを挟んで午後は側溝にたまっている土をスコップで掃除する作業。


側溝の長さが50mくらいはある。

永遠とスコップで土を外に出す作業。

「自分が疲れている時は、ワンさん(仮名)も絶対に疲れている。」

「本当にここで辞めていいのか?」

と心の中で自問自答。

17時近くになり農家の岡田さん(仮名)が迎えに来ると、ワンさん(仮名)と目が合い、思わずお互い笑顔になり作業の終了を喜ぶ。


この時点で

「今日で辞める!」

という感情は消え、

「明日もやってやるよ!」

と完全に前向きモード。

部屋に戻り、夕食と15時のおやつタイムにワンさん(仮名)から頂いたパン・グミ2袋・炭酸飲料2本を飲み、完全に前向きモード。


DSCN4198

焼きそばを食べてメンタルが回復モードに。

DSCN4200

近くのコンビニで購入したグミ

〈ジンジャーエールアップ〉

DSCN4201

〈タフグミ〉もついでに購入。

DSCN4211 (1)

〈ドデカミン〉

DSCN4212

〈メロンソーダ〉


大量に食べメンタルが前向きモードになったので、明日も仕事をすることを決意。


しかし布団に入り、暫くすると再び徐々に憂鬱モードに突入。

目覚ましを時計を午前3:00にセットしてしまうのでした。