本当は自動車販売店の面接の様子を書こうと思いましたが、突然トヨタ系部品メーカーから給料明細が届きましたので、そのことにつきましてお伝えいたします。



それは突然やってきた。

2018年10上旬にトヨタ系部品メーカー期間工で働きましたが、


その会社から何と給料明細が届いたのであります!


借金返済と大学入学の学費を貯める為に、2018年10月上旬トヨタ系部品メーカー期間工で働きましたが、
勤務日数4日間で退職という散々な結果に終わってしまう。



4日間は働いたので、4日間分の給料は頂く資格はある。

最大で4万円、寮費・作業服代などを引かれても2万円は振り込まれると予想。


しかし実際に振り込まれた額は4,905円。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

      ↓↓↓
「本当に給料明細を公開致します。さすが大企業でした。 」

厚生年金が律義に引かれてた。

流石大企業。

DSCN4325

昨日4月26日、4日間だけお世話になったトヨタ系部品メーカーから手紙が届いていたので、

「源泉徴収票が入っているだろうな」

と予想。

DSCN4306

茶色い封筒を開けてみると、給料明細が入っている。

DSCN4307

2019年4月分。

「え?自分は2019年4月に〇〇で働いていないけど。何で?」と状況が呑み込めていない。


「もしかすると事務的なミスで他の従業員の給料を間違って振り込んでしまったのかも」


とも予想。

恐る恐る給料明細を空けてみると、差引支給額は18,300円と記載されている。


DSCN4308

え?

嘘でしょ?

うおおおおおおおおおおおおおおおお!

よっしゃああああああああああああああ!

ついてる!

ついてる!

ついてる!

乗ってる!

乗ってる!

乗ってる!



給料明細とは別に別紙がありました。

【厚生年金の返金について】

返金の理由 厚生年金の資格を取得した月にその資格を喪失し、さらにその月に厚生年金または国民年金の資格を取得した場合は、

先に喪失した厚生年金の保険料の納付は不要となります。

2018年10月〇日に当社へ入社、同月〇日に退職されたため、25日付で厚生年金の資格をそうしつしました。

その後同月中に国民年金に加入したため、下記の通り返金させて頂きます。


地方の中小零細派遣会社であれば、ちょろまかしている可能性もある。


それをわざわざ郵送でお知らせをし、振り込んでくれる。

流石トヨタグループの一員であり、トヨタ系部品メーカーだけあって丁寧親切でキッチリとした対応。


高原野菜の農家さんを夜逃げをかました時は、夜逃げをかましてしまった申し訳なさから自己嫌悪に陥っていましたが、5日間で夜逃げをかました高原野菜の農家さんから、



5日間分満額振り込まれ、更に2018年10月に4日間だけ勤務したトヨタ系部品メーカーから18,300円振り込まれた。


完全復活!

DSCN4310

18,300円が振り込まれたので、その内4,000円で国民年金の保険料を支払いました。


納税は国民の三大義務の内の1つ。

義務は果たさなければならない。

残りのお金で本日土曜日のお昼は、少し贅沢を致します。

自分に喝を入れるため
カツカレーにするべきか?

それとも
ガッツリ二郎系ラーメンにするべきか?

一体どうなってしまうのか?