内定を頂いたものの物流会社から、勤務スタートに関する電話は一切無し。


「4月上旬から5月上旬になる予定」

と面接で言ってはいましたが、面接を受けて5月2日で11日間が経過。


しびれを切らした私マーシーは、意を決して電話してみることを決意。


5月3日午前9:00過ぎ。

公園の駐車場で車を停め、臨戦態勢は整った。

物流会社に電話をかける。

会話の内容はまとめますと以下のようになります。

私マーシー「あのー4月22日に面接を受けまして、内定を頂いたマーシーという者ですが、短期の仕事は今どういう状況でしょうか?」



物流会社「えっと・・・今責任者の方が出かけて、お昼頃に戻りますので、こちらからお電話致します。」


これで終了。

責任者の方がいないのであれば仕方ありませんが、正直電話をかける気が無いのでは?


と疑う私。

疑いつつ午前11:15分頃林道で時間を潰していた時、突然物流会社から電話がありました。


DSCN4379


物流会社責任者「マーシー様の携帯でしょうか?お待たせしてすみません。短期アルバイトの件ですが・・・」


「確かにマーシーさんに内定を出したんですけども、予想したより通販の受注量が少ないんですよ。」


「なので今いるスタッフだけで仕事は足りているんですよ。」

私マーシー「そうなんですか。他の短期アルバイトの人達も自宅待機みたいな感じですか?」


物流会社責任者「そうなんですよ。マーシーさんと同じような状況で、待機してもらっている状況で、スタートの時期は、GW明けになるかもしれません。」



ただ私マーシーもここで引き下がるつもりは毛頭ない。

私マーシー「ただ他の会社の面接を一切受けずに、待っていたので正直連絡の1つは欲しかったんですよ。」


物流会社責任者「それは・・・すいません。いずれは連絡するつもりでしたけど。」


「なので今年はそこまで勤務日数といいますか、期間は長くないと思います。」


私マーシー「という事は、休みも3日勤務して2日休みとか、そんな感じになるんですか?」


物流会社責任者「そういう事になる可能性もあります。」

暫く物流会社担当者の方と会話をしていると突然、

「じゃあ明日(5月4日)から来て頂くことは出来ますか?」

と言われたので、

「はい大丈夫です。」

と私マーシーは答える。

多分というより、私マーシーが5月3日午前9:00過ぎに電話をしなければ、


絶対に「明日(5月4日)から来て頂くことは出来ますか?」などとは言うはずがない。


5月3日に物流会社から電話も無かったのは、言うまでもない。

私マーシーをシフトに仕方なく入れた感じがハンパ無い。

正直『仕事が無いなら、他を探すのでいいですよ。』と辞退するかどうかガチで迷った。


正直私マーシーがどうこう言える立場では無い、というのは重々承知している。


12年半前に1回お世話になった時は、通販の部署は無かったはず。


ただ派遣会社経由でしたので、間に営業が入っていた影響からか、派遣先である物流会社の対応・印象も良い印象だった。


ただ今回の対応は正直どうかなと思う部分もある。

とりあえずですが、

5月4日(土曜日)から初出勤が決定致しました。

DSCN4387

5月3日(金曜日)は朝の1時間、午前9:00過ぎまで公園の駐車場で過ごした以外は、6時間近く林道で時間を潰していた。


とりあえず入社祝いに〈ライフカード〉を飲み気合を入れる。

まずは無事に物流会社に出勤できるのか?です。

仮に勤務初日に出勤せずバックレをかましても、誰も驚きはしない。


え?

意味深発言。