5月7日は派遣会社の面接に行ってきた。

条件面等の詳細につきましては次回お伝えするとします。

ブログのタイトルにもある通り、派遣会社は面接に来てくれた特典としてクオカードを頂いたのであります。


私マーシーは今までに少なく見積もりましても、40社近く(不採用を含めますと最大で60社)の派遣会社を利用してきた。


その中でたまに面接に来てくれた特典として、クオカードをプレゼントする派遣会社がある。


いくらのクオカードを頂いたのかは面接の後半にお伝えするとして、まずは面接の様子をまとめてお伝えいたします。


5月6日いつも通り公園の駐車場でネットサーフィンをしていた所、興味のある求人を発見。



そして応募し5月7日午前10:00市内のセブンイレブン駐車場でY派遣会社の営業さんと面接。


ところがY派遣会社の営業が、コンサドーレ札幌の野々村芳和社長にそっくり。


まさに激似。

なので営業は野々村さん(仮名)と名付けさせて頂きます。

野々村さん(仮名)は凄い人が良いといいますか、人当たりも良く第一印象が好印象。


派遣会社に登録する為、派遣会社が用意した用紙に必要事項を記入。


その後に履歴書に沿った形で面接スタート。

学歴迄は専門学校卒業と正直に書いてありますが、学歴に関しては不思議と突っ込まれることは無い。


職歴はお約束の2社にまとめてある。

これは心象を良くするための対策。

営業野々村さん(仮名)「〇〇(エアコン部品製造会社)は10年勤務したという事ですが、退職理由は?」


私マーシー「以前から農業の仕事に興味がありまして、農業の道に進みたかったので、〇〇(エアコン部品製造会社)を退職致しました。」


10年勤務したというのは当然あり得ませんが、履歴書の職歴をまとめるのは必要悪でもある。


職歴に関する質問の後は、仕事内容。

派遣会社営業野々村さん(仮名)「今回の会社はここから(セブンイレブン)2・3分の場所にある〇〇という会社で、プラスチック製品を製造する会社になります。」



「仕事内容はプラスチック製品の箱詰めになります。」

ただ私マーシーは愛知県岡崎市でトヨタ系部品メーカーで、自動車部品の箱詰め作業の仕事を2日でバックレをかましている。


箱詰めする自動車部品が重く、それで憂鬱になってしまい、それがバックレの要因になってしまった。


なので「プラスチック製品は具体的にどれくらいの重さがあるんですか?」と念のため質問。


野々村さん(仮名)「化粧品などのプラスチック製品なので、全然重く無いですよ。」


私マーシー「という事は数百グラムぐらいを予想していればいいってことですか?」


野々村さん(仮名)「多分そのくらいだと思います。」

岡崎市で働いたトヨタ系部品メーカーの自動車部品は、数キロは確実。


数百グラムと聞い
て一安心。
色々会話をしましたが、ざっくりとこんな感じで面接は良い雰囲気の中終了。


会社見学の日程は木曜日までに連絡するとの事。

しかし最後に野々村さん(仮名)が、

「そう言えばマーシーさん、ウチの会社は面接を来てくれた全員にクオカードをプレゼントしているんですよ。」


私マーシー「本当ですか?」と思わず言ってしまう。

そして心の中で、

マジで!

まさかのクオカード!

ラッキー♪

と若干テンションが上昇。

派遣会社営業野々村さんがクオカードを取り出し、用紙にサインと印鑑をし、当然頂く。


クオカードとは不思議と縁がある私マーシー。


DSCN4412

クオカードを受け取ってノリノリのマーシー。

DSCN4399

ついに開封。

DSCN4400

面接1回でそこまでの大金は望めないというのは認識している。

しかし否が応でも期待してしまう。

果てしてクオカードの金額は?

遂に開封!




・・・






・・・






・・・








え?







本当に?







嘘でしょ?







何と!





驚きの金額!







続きは次回で!









と言いたいところですが、引っ張るつもりは毛頭ございません。

DSCN4401

500円。

頂けるだけでも感謝しなければならない。

DSCN4403

クオカードで購入した〈唐揚げ弁当〉

当然それだけでは足りないので、他にもパン3つ購入したのであります。


足りない分は自費です。