新作の動画が完成致しました。

記事の後半でご覧になる事が出来ます。


正直に申し上げますが、派遣会社で働く予定でしたが、内定取り消しになりました。


なぜそうなったか?

は詳しく述べさせて頂きます。

5月13日。

派遣会社を通してプラスチック製品製造の会社に会社見学に行き、内定をゲット。


正確な表現をしますと、会社見学を終了した時点では、ほぼ内定の状態で、服のサイズ・入社日などを質問され、派遣会社営業野々村さん(仮名)に、



『内定という事で良いと思いますよ』と言われたので、私マーシーの心の中は内定を貰っているという認識でいる。


面談を担当した派遣先企業が上司の了解を得て、それを派遣会社営業野々村さん(仮名)に連絡、野々村さん(仮名)が私マーシーに連絡。


という事は私マーシーが2年前の2017年4月面接を受け内定を頂いたものの、初出勤前日に内定辞退(ドタキャンん)をかましたことが発覚し、最悪内定を取り消しされる恐れがあるのであります。



もちろん派遣会社営業野々村さん(仮名)にも、私マーシーが2年前にプラスチック製品製造の会社に面接を受け、初出勤前日に内定辞退(ドタキャン)をかましたことは伝えていない。



という事で2年前に内定辞退をかました事実が発覚し、内定白紙という事態も想定できますので、私マーシーは会社見学の翌日、
5月14日ハローワークに行くことに致しました。



ハローワークに行った理由は、内定白紙という最悪の事態に備えてリスクマネジメントを行う為です。


要するに滑り止めみたいな感じです。

内定白紙と言う連絡を受けてからまた新たに就職活動をしますと、更に時間を要してしまいますので、今の内に内定白紙になった場合「次の仕事はどの仕事にするべきか?」



面接は受けなくても「最低限次に面接を受ける企業くらいは決めておこう」


という目的で5月14日ハローワークに行ったのであります。

GW明けの異常なくらいの混雑ぶりからしますと、ハローワークは超絶ガラ空き状態。


9:30分過ぎに行きましたが、PCの検索コーナーは私マーシー含めて2人しかいない。


ハローワークも本当に13年以上は通っている。

ハローワーク職員も私マーシーの顔を覚えているに違いない。

検索していると興味の求人を発見。

「万が一ダメになった場合は、この求人を受けるとするか・・・。」


と滑り止めの求人として要チェック。

ただこの時点では、派遣会社から内定取り消しになるとは全く予想していない。


派遣先企業から内定を最終的に承認して頂く自信はあった。

5ab0af9c8100a78565eac8e247539f43_s

5月16日(木曜日)。

高原にある貯水池の駐車場で時間を潰していると、突然Y派遣会社の野々村さん(仮名)から着信が。


私マーシーは!野々村さん(仮名)の番号だと分かると、

「来たぞ!来たぞ!来たぞ!」

「ついにこの時が来たぞ!」

「来週からやってやるぞ!」

と気合が入っている状態。

野々村さん(仮名)「マーシーさん今お電話大丈夫ですか?」

私マーシーは貯水池の駐車場で、いつ電話が来ても出れる状態で待機してたので準備は万全。


私マーシー「はい。全然大丈夫ですよ。」

野々村さん(仮名)「今回の件なんですが、先方から枠が埋まってしまったので、今回はご縁が無かったという事になってしまいました。」



その瞬間私マーシーは完全に頭が真っ白となってしまう。

新作動画が完成致しました。ご覧ください。

内定取り消しを通告され、ガチでキレる36歳無職



まさかの内定白紙。

内定取り消し。

更に衝撃な事実をお話致しますと、Y派遣会社の野々村さん(仮名)から内定取り消しの電話があったのは、16日12:15分頃。


実は16日午前9:00過ぎに内定を頂いていた、T自動車販売店(洗車の仕事)に入社辞退の連絡をしてしまいました。


本当に全てが終わりです。

お先真っ暗です。

16日午後はハローワークに行ってきます。