5月31日(金曜日)は2週間放置された派遣会社から急遽会社見学のお誘いを頂き、派遣会社営業野々村さん(仮名)のご厚意に甘える形で、会社見学に行ってきた。



検討した結果辞退することに致しました。

理由は、

①2次面接がある。


雇用形態が派遣にも関わらず、派遣先企業の2次面接があるという、あり得ない展開になってしまう。


私マーシーは派遣会社を40社以上利用致しましたが、派遣の仕事で派遣先企業の2次面接があるなんてあり得ない。


そもそも面接は派遣会社が行うのであり、派遣先企業はあくまで形としてはヒアリング程度。


それを知らないのか分かりませんが、派遣先企業の担当者からは〈2次面接〉という単語が確かに出ていたのは間違いない。


②機械の調整・復旧作業に時間がかかる 


派遣会社の面接では、『機械のオペレーターというよりも、オペレーター補助の仕事で、機械に製品を投入する仕事になります。』という説明を受けた。



しかし派遣先企業の面談(ヒアリング)では、『機械の復旧・調整作業をして頂きます。』と言われる。


『機械の調整・復旧作業に手間取ると、午後21時まで残業する場合があります。まあそれも月1・2回くらいですけどね。』


と真顔で平然と当たり前のように言っていましたが、正直話が違うと思った。


逆に月1・2回ノー残業デーがあるのであれば話は別かもしれませんが、中小企業にそれは酷な話かもしれない。


③残業が月40時間ある 

派遣会社の面接では確かに「残業は1時間程度あります。」と言われたのは間違いない。


私マーシーは「1時間程度であれば問題無いか」と派遣会社でお世話になるのであれば、ある程度の協力は致し方ないと思う。


なのである程度の残業は覚悟していた。

しかし会社見学では派遣先企業の担当者から、『残業が2時間近くあります。』と言われ、


一応その場では『大丈夫です。』と答えましたが、正直私マーシーはそこまで身体とメンタルを酷使する気は毛頭ない。


ワークライフバランスは大事。

DSCN4564

正直仮に2次面接の電話があっても無視をして、逆放置しようかと思いましたが、〈親しき中にも礼儀あり〉の精神で、野々村さん(仮名)には随分とお世話になった。



野々村さん(仮名)に2週間近く放置されるという事態になってしまいましたが、野々村さん(仮名)に対する感謝の気持ちはありますので、辞退の連絡をメールで致しました。


メールの内容は、

〈〇〇さんの会社見学でお世話になりました。マーシーですが今回色々と検討した結果、辞退させて頂きます。大変申し訳ございませんでした。失礼致します。〉


と派遣会社営業野々村さん(仮名)に送信。

社会人として最低限の義務は果たす。

これ以上放置されるのは真っ平御免です。