第一志望の会社で働く決断をしました。本当に転職のし過ぎです。第二志望である、ゴルフ場で会員募集のPRスタッフの仕事は内定を頂き、2017年5月30日に、1時間30分の研修を終え、後は6月1日から実際の現場で働くのを待つばかりでした。
a5305c1ac9ec37c574d0c8923b458f0a_s

『第一志望の会社で働きたいので、今回は辞退させて頂きます。』と正直に言うのもどうかと思いますので、上手く説明できる方法は無いかと考えましたが、ゴルフ場で研修があった日が5月30日(火)でした。第一志望の

会社から採用の連絡があったのが、研修を受けた、同じ火曜日の夕方でした。ゴルフ場で会員募集のPRスタッフの仕事は、1日挟みまして木曜日から勤務ですので、じっくり考えている時間もありませんが、余りにも失

礼すぎる文章になるのもいけないので、結果このような内容になりました。

実際に辞退の連絡をしたメールの内容

『明日からお世話になる〇〇ですが、様々な事情を勘案した結果、一身上の都合により辞退させて頂きます。この度は本当に申し訳ございませんでした。』

このような内容をメールで送りました。過去に連絡も何も無しで勤務初日の日に行かず、バックレたことがあります。当たり前ですが、社会人として本当に最低限のことはすべきだということで、メールという形で辞退の連絡を致しました。

当然ゴルフ場の担当者から返信が来ました。このような内容です。

『かしこまりました。個々の諸事情があるかと思いますので、明日からでしたが、辞退に関しまして受理いたします。制服代の方は、辞退が契約書押し印後となりますので、ご請求させていただきたく運びとなりますことご了承ください。』

自分に非があり、責任は痛感しております。いくら責任があるとはいえ、制服代を請求されるのは想定外でした。確かに契約書に名前を記入し、印鑑を押し印したのは紛れもない事実ではあります。自分勝手なのは十分

承知しいますが、生活費が底を尽き、ぎりぎりの生活をしている私にとっては死活問題でした。正直お金に余裕があれば払っていました。そこでなんとか支払いをしなくて済む方法はないかと考えました。そこでまたゴルフ場

にこのようなメールを送信いたしました。

『制服に関してですが、契約書に自分の名前を書いたのは事実ですけど、制服代にかんする事柄について契約書に記載されておりません。又は口頭で言われた記憶もありません。ご迷惑おかけしたのは十分認識してい

ますが、様々な方面から情報収集した結果、支払いは不可能という結論に達しましたので、どうかご勘案させて頂きたくご連絡致しました。』
という内容を送信いたしました。しばらくしますと、ゴルフ場から返事が来ました。

『お返事ありがとうございます。下記内容はインターネット掲示板にあった一例ですご一読いただきますようお願いいたします。【アルバイト採用の返事をもらい、1週間後働くことになりました。が、諸事情により、3日後辞退

の連絡をいれたところ、制服用意してしまったので、辞退するなら、制服代5000円払ってくれとの事。これって払わなければいけないの?面接時には勿論そんな話はまずありませんでした。】ベストアンサーに選ばれ

た回答:雇用契約書は、結んでありますか?契約書にサイン捺印してあり、尚且つ契約書にその旨が書いてあれば払う必要はありです。その旨の記載が無い、もしくは雇用契約書を結んでいないのであれば、払う必要がありません』

以上がゴルフ場側の回答でした。しかしその20分後くらいに連絡がありました。このような内容です。
『ただ今回の件は弊社のほうも大手企業ではございませんので、制服代に関しましてはご配慮致しますので、

支給したズボンを返却していただければと思います。』との連絡を頂きました。つまり制服代は支払わなくよいということです。本当によかった。ただ今回の種は自分がまいたので、責任は痛感し、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
9074c89231bc6fe3303ce10ce1e1a8af_s

皆さんもこのような状況になった場合は、

①契約書を読み、辞退した際の制服・備品に関する負担の事柄・文章がないか確認して下さい。無い場合は支払う必要はありません。

②契約書の瑕疵(かし)を指摘し、できるだけ粘ってください。
【瑕疵とは、何らかの欠点・欠陥があること】

③面接の際に口頭で辞退した際の制服・備品負担について会社側が言及したかどうか思い出す。

④インターネット等で情報収集する。

私が実際に行った方法です。当然と言えば当然なんですが、理想は辞退せずに勤務する、契約書に記入する前に辞退する、少額であれば支払ってしまうというのも1つの方法です。