GWに地元の製茶会社を、3日でバックレました。

本当は3週間くらいの短期アルバイトでしたが、3日でバックレました。


ただ3日でバックレても、いかなる理由があろうとも3日分の給料は頂く資格はあります。

93107c7099c418aab70e877f283cae7d_s


私のダメっぷりをとくとご覧ください。

地元の製茶会社で2017年5月3日から約3週間の予定で製茶会社でアルバイトをする予定でした。


時給が1350円と静岡県では高額というのも魅力的で、3週間アルバイトをし、そのお給料を元に、
就職活動をする予定でした。


3週間くらいだったらなんとかなるだろうという想いでした。


仕事内容は?

製茶会社とは簡単に言いますと、農家の方が収穫したお茶の葉を機械で細かくし、製茶する所です。

➊農家の方が収穫したお茶の葉の袋(10㌔~20㌔くらいの重さ)を機会に投入する

➋工場内の清掃

➌お茶の葉の袋詰め作業(約20㌔)


結果きつくて3日でギブアップし、バックレしてしまいました。


具体的に何がきつかったのかと言いますと、上記の3つにまとめられますが、製茶工場内の温度が常時最低30以上あります。


機会の近くになりますと場所によっては、40°以上になります。

そして農家の方が収穫したお茶の袋(最低10㎏以上)を持ちます。

袋詰めの作業は20㌔は確実にあります。

4日目も仕事する気で自宅を出発しました。

憂鬱(ゆううつ)ながらも、車を会社方向に走らせていました。

しかし、世間はGWで普段空いているはずの道路の交通量が多く、制限速度より若干時早いくらいの速度で運転していました。


その時です。

県外ナンバーの家族連れの車に追い抜かされました。

そこで私の心はポキッと折れてしまいました。


はっきりいいまして完全に豆腐メンタルです。

完全に後先の事を考えず、

『もうやーめーたー!!!やってらんねーよ!!!』と完全に私のガラスの



ハートが割れてしまい、車をUターンし、自宅方向へ走り出しました。当然自宅には帰宅せず、この日からはエア出勤の毎日です。


会社にはせめて、退職の電話をしなければという想いはありましたが、『もうどうにでもなれ!』という心境でしたので、電話はしませんでした。



そうしますと、案の定会社から着信があり、通話ボタンを押し、


会社専務『〇〇君さー今日仕事だけど、どうしたの?』


『そういうことです。』

ここで私は感づいてくれることを期待しましたが、そうはいきませんでした。


会社専務『そういう事って、どういうこと?』


『会社を辞めるということです。』


会社『あのさぁー、それって人としてどうなの?』


『すいません・・・。』

このような会話の後、「社会人の自覚が無いよね?」とか説教を10分くらい受けた後、退職を了承して頂きました。


当然自分に非がありますので、ひたすら余分なことは言わず、平謝りです。


現在でも、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
Inkedc07ae945939a537fc816e2c86a0ef1cc_s_LI


しかし私には聞かなければいけないことがあります。

それは、最後に電話で、

『3日分働いた給料はいつ取りに行けばいいですか?』
と質問するです。


いかなる理由があろうとも、働いた分の給料は頂く権利は当然です。


結果最後に『3日分働いた給料はいつ取りに行けばいいですか?』と質問する予定でしたが、できませんでした(涙)。


仮に質問したとしましても『あのさぁー虫が良すぎない?』と、

ただでさえ恐らく専務は、私に対する怒りのマグマが沸騰している状態なのに、

『3日分働いた給料はいつ取りに行けばいいですか?』とはさすがに質問することができませんでした。


まさに火に油を注ぐとはこのことだと思い、そのまま電話を切りました。


その後は両親に会社を退職したことは当然言えません。

ですのでその後はエア出勤をしていました。


パート2に続く(明日午前6時頃配信致します。)


パート2に実際の給料明細があります。ガチで3日でバックレました。

18年1月現在は自動車工場で期間社員をしております。(18年2月14日で自己都合退職致しました。)