《気づいたら手遅れだった【若杉賢司31歳・仮名】》
67580d1fd4455fb4d974ab31035b47f6_s


フリーターって34歳までを指す言葉なんですって・・・。それを過ぎたらなんと呼ばれるでしょう。


僕の様に社会人経験の無い若者は置いてけぼりでした。これだけ急激に不景気になった上、30歳を超えちゃうともう絶望的ですよ。


2.3年もすれば景気も回復して就職できるだろう。それまではフリーターでもいいと自分を納得させたんです。だけど、そんな希望に反して世の中はますます不景気になりましたよね。大手・有名企業がバタバタ倒産して、甘い考えは吹き飛んでしまいました。


これはヤバイかもと思ったのは29歳の時です。新聞の求人広告を見た時、『30歳まで』『経験者に限る』という文字が目につくようになったんです。


30歳目前の就職市場は正社員で5、6年のキャリアを積んだ転職組との競争になるんですね。まともなスキルも職歴も無いフリーターは圧倒的に不利なんです。そんなことにやっときづきました。1年間でどうにか簿記・会計3級、パソコン検定2級の資格を取りましたよ。


僕みたいに職歴が真っ白な人間は、資格でお化粧するしかありませんから。

f2c9a6d55d5512b52199479c7723c4fc_s

ずっとこのままだったらどうしようという怖さはありますよ。1日経つごとに自分の価値が下がっていく。なにもできない人間になってしまいそうです。


知ってます?統計上ではフリーターっていうのは15歳~34歳までの人達を指す言葉なんですって。それを過ぎてしまうと僕はフリーターというカテゴリーからも抹消されてしまうんです。


そうなったら僕一体何になるんでしょうね。

2017-07-19-193847

【書評】

この物語を読んでまず最初に感じたことが、『この人恵まれているな』というのが率直な感想でした。

①大卒 ②月収が17~18万円 ③簿記・会計3級の資格がある ④実家住まい

以上の4つが恵まれていると感じた点です。

①の大卒という学歴はやはり企業の人事担当者からすれば、学歴が高いことに越したことはありません。『中卒と大卒どちらの人物を採用する?』と行った時に、やはり大卒の人物を採用するのではないでしょうか?もちろん学歴が全てではないという考えも理解できなくは

ないですが、学歴は重要なのはまちがいありません。



キャプチャ18

上記のグラフをご覧ください。中卒と大卒の生涯賃金の差は歴然としております。中卒の生涯賃金が1億8890万円なのに対し、大卒は2億6140万円です。約8000万円もの大差がついております。ちなみに私は専門学校卒業です。今考えますと大学に進学しておけば・・・と思うこともしばしばです。


しかし専門学校に進学したことは良かったと思いますし、最高の仲間に出会えたことは何よりの財産です。


②月収が17~18万円

実家住まいでパラサイト状態(寄生している状態のこと)であれば月収17~18万円って恵まれているなと。家にお金を入れているとしても、十分にお釣りが来ますし、貯金も出来ます。上昇志向が強く、目標が高いのかもしれませんが。ちなみに私が現在、お世話になっている会社の月給は14万円です。


③簿記・会計3級の資格がある

調べてみますと簿記3級の合格率は40.14%です。英検5級みたいに誰でも合格できるというレベルではないというのは確実でしょう。就職活動の際、資格を記入する履歴書が有りますが、正々堂々と記入しても良いのかもしれません。


④実家住まい

いい歳して実家住まいも住みにくい部分もあるかもしれませんが、1人暮らしするよりもリスクは少ないですし、贅沢言わなければ逆に住み慣れた家なので、住みやすいと考えることも出来るのかもしれません。