労働者を酷使し、精神的・体力的に労働者を追い込んでいくブラック企業。ブラック企業の経営者は恐らく、従業員の事なんかはどうでもいいのでしょう。とにかく異常な長時間労働をさせ従業員をこき使う。仕事が出来なければパワハラ。そして従業員を退職に追い込んでいきます。厚生労働省のHPに掲載されているブラック企業を公表致します。

e9859ef8c5def4fbed95d90a639f0ee5_s


それにより従業員が退職しても、ブラック企業の経営者の感覚は退職した従業員を労わる(いたわる)というよりも、『全く根性ねーなー。最近の若いもんは!次の人を募集すればいいか』という感覚でしょうね。退職したのは会社の責任は一切なく、



従業員に責任がある  何故、従業員が退職したのか理由を考えない 
 考えもしな
いので、次の新しい従業員が入社しても、しばらくして退職。負のスパイラルです。恐らくブラック企業の経営者は自分がブラック企業だという認識が無いのです。もしあれば少しで



も出来ることから、改善するという方向に向かうはずです。でもそれすらもしないもう救いようがありません。ブラック企業は根性論いわゆる精神主義を重視している企業が多いような気も致します。

精神主義とは=精神力を決定的要因と捉える立場。精神を根本的なものとみなす立場。
(出典:ウィキぺディア)
という意味らしいです。

ブラック企業は精神力があれば何でも出来ると、勘違いしている経営者が多いのではないでしょうか。『従業員が辞めていくのは我慢が足りない!根性が無いからだ!』と何でも根性論に終始する、まさにブラック企業の典型です。そのしっぺ返しと言っても良いかもしれま



せんが、今の時代人手不足です。大手企業でさえ人を集めるのに苦労しております。ブラック企業は人材を集めるのに今後相当苦労するのは間違いありません。自業自得です。



昔は2ちゃんねる等で愚痴をいうだけでしたが、現在はSNSあります。ブラック企業は世間にその存在を晒される(さらされる)ことになります。そして人手不足もプラスして、誰も応募が来なくなる。労働者をこき使った天罰が今下ったのではないでしょうか?


厚生労働省のHPに掲載されていた、ブラック企業公開


まずはブラック企業リスト一覧までたどり着くのが、意外に分かりづらいという事です。
素人ながら感じることは、ストレートに『ブラック企業一覧』というバナーをトップページに表示させればいいのではないかと思いましたが。それが駄目なら『法令違反企業一覧』で

もいいのではと。公表するという事は【多くの国民に周知する】という方針なのではないでしょうか?わかりやすく見てもらう為に、もう少し検討の余地があるのではないでしょうか?


キャプチャ22_LI

①働き方改革をクリックします。

キャプチャ23_LI
②長時間労働削減推進本部をクリックします。


キャプチャ24_LI


③労働基準関係法令違反に係る公表事案をクリックします。上記の切り抜いた画像には4項目しかないですが、8項目ほどありますのでこれが意外に分かりづらいですのでご注意ください。これで法律違反を犯したブラック企業一覧がご覧になれます。


今回はごく一部をブログで公開させて頂きます。

キャプチャ26


小さくてわかりづらいですので、解説させて頂きます。

(株)アイスライン=労働者6名に2カ月間の定期賃金合計、計約280万円を支払わなかったもの

長栄堂    =労働者5名に5カ月間の定期賃金合計約250万円を支払わなかったもの


 キャプチャ29

ナル・コーポレーション(株)=労働者3名に、9カ月間定期賃金合計約230蔓延を支払わ
              なかったもの

(株)メカテック      =労働者7名に36協定の延長時間を超える違法な時間外・休
              日労働を行わせたもの


北海道から順に法令違反を犯したブラック企業一覧が掲載されていました。あくまでこれは氷山の一角に過ぎません。現在この時も従業員を酷使するブラック企業が、日本のどこかで暗躍しているに違いありません。