労働者をこき使うブラック企業。世間にその言葉が知れ渡り、認知度も高まりました。マスメディアが過労自殺を取り上げその企業に対する世間の厳しい視線が注がれます。マスメディアで取り上げられるようなブラック企業はごく一部で氷山の一角です。
e137fb058f097708d2ee0995ad5fc64f_s



私が勝手にブラック企業を定義してみた


①残業が多い(毎日2時間以上)=残業代がしっかりと支給され36協定を守っていれば全く違法ではありませんが、毎日2時間残業はじわじわと体力・精神面を消費していきます。


ちなみに36協定とは?
   ↓

時間外労働などについて労使間で取り結ぶ協定のこと。労働基準法36条により、会社は法定労働時間(1日8時間、週40時間)を超える時間外労働及び休日勤務などを命じる場合、労組などと書面による協定(36協定)を結び労働基準監督署に届け出る義務を負う。違反した場合、


6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金となる。労働時間の延長限度は、原則として1カ月45時間・1年間360時間だが、限度時間を超えて延長しなければならない特別の事情が生じた時への対策として「特別条項付き36協定」を結ぶなど、例外取り扱いも規定されている。
(出典:朝日新聞出版)


『特別条項付き36協定』とは原則1ヶ月45時間の時間外労働を超える時、労使間で協議し合意すれば、45時間を超えて時間外労働ができるしくみです。

特定の労働者についての特別条項付き協定の適用が 1年のうち半分を超えないものとすること。

  (出典:社会保険労務士岡本事務所)


②サービス残業がある=これは問題外です。ご存知だと思いますがサービス残業とは時間外手当がつかないことです。時間外手当が支給される基準は、1日実働8時間・週40時間です。この時間を超えればいかなる理由があろうとも、時間外手当を支給しなければなりません。これは100%ブラック企業確定です。


③パワハラがある=『お前は本当に使えない奴だな』『なんでそんな事も出来ないんだよ!』『根性もっと出せ!』『やる気あるの?無いなら帰れ!』など列挙すればキリがありません。これを日常的に言われれば精神面でダメージを負ってしまいます。『やる気あるの?無いなら帰れ!』と言われれば私の場合帰りますが。


④離職率が高い=とにかく日常的に募集している企業を見かけませんか?パワハラがある・仕事が大変など様々な理由で従業員が定着せず、それを補うために常に募集している企業があります。時給を上げるなど企業努力だけでは解決できなくなるなど、深刻化しております。私が勤務した食品工場が典型的な例です。詳しくは、
食品工場でアルバイトをご覧ください





2017-08-05-082326

派遣会社を通して募集しています。この求人以外にも募集している派遣会社があります。

2017-08-05-082407

もう既に2年以上50名募集しております。多少募集の文言を変更したりしていますが、2年以上こんな感じです。セブンイレブ〇向けにパン・デザート・サンドイッチ・ドーナツを製造していますが、最近セブンイレブンが猛烈な勢いで出店中ですので、この工場だけでは


生産のキャパシティを超えてしまい、同じ市内に新たに工場を建設しました。そこでも募集しています。現場は恐らく常に人の入れ替わりがありますので、本当に火の車、阿鼻叫喚、の様な状態が想像できます。


昭和の時代、特に東京オリンピック以降の高度経済成長期、日本という国が右肩上がりだった時代がありました。確かにその時代は長時間労働で頑張れば給料がupし、頑張れば報われる世の中だったのかもしれません。しかしです。私達より下の世代は物心ついた時には、バ


ブルが弾け、デフレに突入し、頑張っても給料が上がらず、『正直者が馬鹿を見る』時代になってしまいました。それにもかかわらず65歳前後の団塊の世代達に多い考え方として、未だに長時間労働を是とする考えを、持っている人たちが多いような気がします。21世紀


のこの時代、働く価値をどこに見出すかは、お金が全てではなくなりました。お金が大事なのは否定する気は毛頭ございませんが、時代は変わり、多様な働き方があるのだと認識してもらいたいものです。