意外に高収入?!コンビニのルート配送

スポンサーリンク
転職・就職活動

現在の会社に勤務して2ヶ月と3週間が経過致しました。借金は残っているものの、経済的・メンタル的にも安定し始めました。ただ無職&エア出勤をしていた時と変わらない習慣
があります。それは無料の求人雑誌を貰うことです。

仕事をしているのに、毎週コンビニで無料の求人雑誌を貰う理由

週末などにコンビニに行きますと、様々な会社の雇用情勢をチェックし把握する為、無料の求人雑誌を貰う事です。現在もそして将来も転職する気はありません。ブログのネタ探しと

言うのもありますが、96社も転職していますと、『私の働いた会社、また募集してる(笑)』『またあの部署で人が辞めたな(笑)』と、ほくそ笑むことです。悪趣味ですが。

3日でバックレた会社に、給料を貰いに行った結果・・・。こちらも参考にご覧ください。

最近特にここ3・4年実感していることは無料の求人雑誌に、毎週募集している会社が多くなっていることです。求人雑誌に掲載しても誰も応募が来ないので毎週募集していることに違いありません。

実際に募集していた、コンビニルート配送の仕事

定期的に募集のデザインを変更し、とにかく1人でも多くの人材を獲得しようという必死さが伺えます。

1日の仕事の流れです。

6:30~事務所で運ぶ商品をトラックに運ぶ

朝便を7~9のコンビニ店舗へお届けする。

事務所へ帰る

12:00~休憩

事務所で運ぶ商品をトラックに積む

夕便を7~9のコンビニ店舗へお届けする。

事務所へ帰る

18:30~終了

1日12時間の労働です。これが普通のドライバーなのでしょうか?求人雑誌を見ていますと、トラックのドライバーは10時間以上の長時間勤務は当たり前の様です。『勤務時間は

当社運行表による』という会社もあるのです。正直に書きますと長時間労働を敬遠し、誰も応募が来なくなってしまうからではないでしょうか?誰でも多くの人はおそらく、長時間勤務はやりたくないのは当たり前です。


月収例が書いてあります。時給が940円。安いです。さらっと時間外労働の3時間を勤務時間に組み込んでいることです。この会社の勤務時間は6:30~18:30です。

拘束時間が9時間ですと、6:30~15:30です。それに3時間プラスして18:30までと言いたいのでしょう。完全に固定残業です。


見にくいですが休日は月6日休みと書いてあります。正直少なすぎです。
【月6日休み:  ※月3日は休日出勤扱いとして特別手当支給!】と書いてありますが、

実は以前この会社は求人雑誌に掲載する際に、休日は月9日休みと表記していました。私は毎週のように無料の求人雑誌を貰い、様々な会社の雇用情勢をチェックしております。

『賞与年2回支給』と表記してありますが、私は以前2年前に、コープの宅配ドライバーに応募し、面接を受けたことがあります。その際に人事担当者から『賞与は年2回あるけど、

夏と冬、各数万ずつです』と言われたことがあります。それでも賞与は賞与なのですが、『そんな少額なら書かなくてもいいのでは』とその時思いました。ですので当時の経験から

最低二桁、10万円以上であれば表記しても良いと思いますが、数万レベルのボーナスであればわざわざ表記する必要はあるのか疑問です。

働いている人の反応

 

『そうだな、どこも大手コンビニマークの車だけどキャビンのとこに必ず○×運送とか
書いてある。はっきりいって夜勤で肉体労働で時間との勝負。
20代で始めて、その後中型>大型とステップアップして行くのが正解。
結局な所、慣れとか個人個人我体も体力も違うから一概には言えないけど、初老の方
には無理だし、年齢とか関係なくやらされるからね、やっぱり。』 

『コンビニ配送ってきついきついって言われてるけど、実は楽? 』

『慣れたら、の話 。だが実際にはこの仕事楽だわーって思えるようになるのには最低でも1年以上かかるし、人それぞれだけど
それまでにはほとんど消えていくよ。積み方も結局自分で考えてやっていくしかない

『夜勤やってるドライバーに質問です。 夜勤歴何年目ですか?
眠れてますか? 夜勤始めて体に悪い変化は起こりましたか? 』

『仕事の日は常に寝不足、そして睡魔との戦い
たまの休みはフルに寝て終わる
5年で視力1.5から0.4になる
通風高血圧高脂血症睡眠時無呼吸症候群ゲットwww 』

2chの反応でした。どこまで真実なのか確かめるすべはありませんが、私はリアルに聞こえました。96社転職してきましたが、今まで楽な仕事はほとんどありませんでした。

合う合わないというのもあるかもしれません。私が現在勤務している会社も、2時間30で退職した人、1日で退職した人もいます。

新しく入社した従業員が2時間30分でリタイアした!こちらも参考にご覧ください。

逆に私も2時間20分で退職したり、さらには驚愕の1時間30で退職したこともあります。しかしその会社で何年も長期で働いている人もいるのは事実であります。


2時間20分で会社を退職。参考にご覧ください。

結局その人が働いている仕事に対して、どう感じるかが大きいのではないでしょうか?

コメント

  1. マーシー より:

    kosさんこんばんは。コメントありがとうございます。
    この世の中の基本は騙し合いだから。その通りだと思います。
    私も就職活動なんか嘘のオンパレードです(笑)
    『嘘も方便』です。
    がん検診もメタボ検診も表向き、『いつまでも元気に健康の為!』的な感じですが、ほとんどビジネスですからね。
    医療もある意味立派な経済活動。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました