期間工の面接をして感じた、企業が期間工を採用する時、どのような部分を重視してるのか?

スポンサーリンク
期間社員情報

企業側は『期間従業員の人材を採用する時に企業側は、どんな点を重視して採用するのだろう』という疑問が湧いてきました。

社会人として相当数の就職活動をしてきた中で、『こういう部分を重視してるな』と私なりに感じたことを書かさせて頂きます。

企業が人材を採用する時に書類選考や面接が必ず実施されますが、就職活動する側としては、確認しておかなければけないポイントがあります。

それは期間従業員として採用を決めるためには、企業が面接や履歴書選考でどんな点に着目しているかを理解しておくことが重要です。

それが確認しておかなければいけないポイントです。

私は就職活動はかなり豊富です。

その中で感じたことは、企業が新しい人材を選考し採用する際に何を重視して採用してるのかと言えば、協調性があるかどうかです。

どれだけ能力が高い人でも、協調性に難があると思われれば、採用されづらくなります。

学歴ですが、期間従業員の面接で学歴はあまり関係が無いように感じました。最低限高卒でしょうか。

私もそこまで高学歴ではありませんので。

個人ですべての仕事が全て完結する場合もあるかも知れませんが、複数の従業員が力を合わせて業務を担うことがほとんどかもしれません。

他の従業員と連携して行動しなければいけない時に、自分勝手で作業をしていると、ペースが乱れて仕事の効率が悪くなる状態になる可能性が極めて高いです。1人の小さな乱れによって一部の作業が乱れ、それがやがて全体に影響する。

まずは協調性を持って作業したいです。

1人の協調性の無さが原因で作業に支障が出ることによって、仕事の全体が崩れてしまうこともあり得ます。理想はみんなが力を合わせ連携をし、結果を出せるような仕事の仕方をすることが、社会人として会社勤めをしている人が心がけなければいけないことだなと改めて実感している次第です。

人それぞれ性格は違います。違って当然なのです。

職場の雰囲気も把握が出来て、自分だけでなく周りの社員に対しても気が利いて、常に気配りができ、頼りになる人が重宝される人が、会社にとって必要な人間なんだなと。

採用の決め手は、①任せたい仕事に対して技術や実績がある②協調性がある。この2点が重要になってきます。

企業としてはこの2点は採用の決め手になるかもと期間工の面接をして感じたことです。

要は自動車メーカーで期間従業員の経験があることは大きなアピール材料になります。

でもその業務の実績が無くても、最近は未経験でも期間工は可能という求人がほとんどです。

自動車の製造が未経験でも全く問題ありません、最近は未経験でも可能という求人が、ほぼ全てと言っても過言ではありません。

一応私は製造業の経験がありましたので、詳しくは言えませんが『〇〇株式会社で〇〇の製造業務に携わっていました』と面接で伝えました。

やはり1番重要なのは強調性です。

いくら仕事の能力実績があっても協調性全くが無ければ、足を引っ張ることになってしまいます。

採用して何年もたたずに仕事を辞められてしまってはせっかく採用した意味がありませんから、やる気があり、ずっと働き続ける強い意志を持っていることも、重要なところです。まずは半年続けたいです。

コメント

  1. らいら より:

    来週月曜日に面接を控えているので心に留めておきます。協調性の有無、企業はどういう所を見て判断しているんでしょう?
    私は仕事では協力しますが基本マイペースなので、休憩時間はお独り様の方が楽なんですよね。
    ところで寮に入るとの事ですが、ご両親にはお話されたのでしょうか?引っ越しの準備もあるでしょうし、本当に心機一転ですね。

  2. マーシー より:

    らいらさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
    とある自動車メーカーで面接をしました。ほぼストレートに『周りのみなさんと協力して作業ができますか?』と質問されました。私は『協力して作業していくことは可能です』と、とっさに答えました。
    そう回答しなければ選考にマイナスだなと判断しましたので、とっさに答えました。
    大手ということもあり、実技テストも行いました。そこまで難しくなく簡単なのですが、ネジをはめるという作業と、トランプ配りです。『間違ったり、所定の枠から外れてしまった場合は、報告してください。』とテスト前に言われました。
    トランプ配りは枠の中にトランプを配るだけでしたが、ほんの数ミリズレてしまいました。一瞬『これくらいならいいかも』と思いましたが、とりあえず報告しました。
    実技テストが終わった後に、人事担当者から、『このテストは言われたことをしっかりできているか、上手く周囲の人と作業出来て行けるかを確認するテストです。』
    と言われたのでこういう部分で協調性などを判断しているんだなと実感致しました。
    両親には伝えてあります。借金を返済し、セミリタイアするラストチャンスと位置付けているので、本当に心機一転頑張りたいです。

  3. らいら より:

    マーシーさん。
    丁寧に教えて下さりありがとうございました。ストレートに聞かれたのですね。
    先日書店に行ったら来年の手帳がズラリと並んでいたのですが、出来た事を書く手帳が売ってました。その日出来た事を書くんです。
    手帳は買わなくて良いので、マーシーさんお手持ちのノートかメモ帳にその日出来た事を書いてはいかがでしょう?例えば出勤出来たとか、残業したとか。マーシーさんの自信になって、仕事を続けられるのではないかと思いました。

  4. マーシー より:

    らいらさんコメントありがとうございます。
    そうですね。ストレートに聞かれました。学歴はあまり関係ありませんでした。職歴は多少聞かれましたけど、印象としては、とにかく協調して作業できるかどうかを見ていたような気がします。
    手帳とかいいですね。私は手帳では無いのですが、ブログをやるようになってから、メモ帳に『これはブログのネタになりそうだな』という事をメモしております。
    ブログのネタ以外にも、そういう『出勤できた』『1週間続いた』とか目標達成する為に使えそうですね。
    小さなことから一歩ずつ進みたいです。1月15日が給料ですので、手帳の購入前向きに考えたいです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました