DSCN1424

もう最低な人間です。

遂にやってしまいました。

無断欠勤。

嘘で塗り固められた私の人生。

せめてブログだけは嘘は書きたくはありませんので、ご批判覚悟の上、正面からご批判を受け止める覚悟で正直に書かさせて頂いております。


本当は欠勤の連絡は始業の30分前にしなければいけません。

6時30頃にはしなければいけないのです。

ですがしませんでした。

無断欠勤です。

社会人として最低の行為です。

本日退職の意思をメールで伝えます。

本日14日の様子をリアルタイムでお伝えいたします。

13日火曜日の夜に無断欠勤をすることを決意致しました。

豆腐メンタルということはこれまで当ブログに書かさせて頂きましたが、豆腐メンタルと同時にチキンでもある私。


救いようがありません。

どれだけ迷惑を掛けてきたことか。

午前1時30分に就寝し、目が覚めたのが14日水曜日午前6:30頃。

当然連絡はしません。

意識はあるものの布団の中にいる私。

ようやく布団から出たのが7時過ぎ。

この時点で無断欠勤が確定致しました。

トイレに行く。

この時点ではまだ会社から電話は掛かって来ません。


『もう会社に来ないことを分かっているのかも。』と思いつつトイレから戻ると、当然班長から着信があった。


その時間7時18分。

当然です。

連絡も一切無しで無断欠勤。

やってしまった。

社会人としてあるまじき行為。

もうこのまま引き延ばすのは良くないので、この後正直に
『おはようございます。突然で申し訳ありませんが、この度一身上の都合により退職させて頂きます。申し訳ございませんでした。』とメール致しました。

2018-02-14-191348



2月14日8:31のことです。

この後どういう展開になるのか分かりませんが、こうなるのも自業自得。全て受け止めます。


することも無かったので再び布団に入り寝る事に。

送信済みになっているので、班長にはメールが届いているのは間違いありません。

ですが返事がありません。

班長ですのでいろんな仕事があります。

仕事が多忙でメールに気づいていないのか、それとも気づいてはいるんだけど、余りの無責任さに呆れているのかどちらなのかは分からない。


それにしても返信が無い。

布団の中で徐々に睡魔が遅い始めたその時でした。

9:15に見知らぬ電話番号から着信がありました。


「間違いなくスズキからだ」と覚悟した私は、ある程度説教されるのを覚悟で、電話に出る事を決意致しました。

組長『もしもしスズキの〇〇です。この度は退職という事で、退職の手続きをしに制服・備品・保険証などを持って、一度相良(さがら)工場まで来てもらえますか。事務所わかる?』


『分かりました。事務所の場所はあんまり自信ないので、着きましたら電話してもよろしいですか?』


『では着いたら班長に電話してください』
とこんな感じで会話が終わりました。

事務所の場所は実はわかるんです。

なぜ分からないかと答えたかと言いますと、事務所に行っても組長の机がわかりませんし、
事務所で退職の手続きをするのが嫌ですので。


事務所で退職の手続きをするとこの時はそう思っていたのです。
『自分で蒔いた種なのに何言ってるんだ』とお叱りの声を頂きそうですが、その通りに違いありません。


事務所で退職の手続きをするのが嫌で、とっさの判断で
事務所の場所はあんまり自信ないので』と言ってしまいました。


こうして制服などの備品の準備を終え、車で約40分かけてスズキ相良工場に到着致しました。


とにかく広大です。

相良工場は広すぎます。

駐車場から5分程歩き、まずは食堂に行き、プリペイドカードを端末に入れ、カードに残っている残金を返金手続きをしました。


約1200円。

心の中で
『ラッキー♪』と思いました。

その次に本日一番大事な退職の手続きです。

班長に電話をし、ほどなくして班長が来てくれ、組長を呼びに行ってくださいました。

てっきり私は事務所で退職の手続きをするかと思っていたのですが、事務所では無く休憩室で退職の手続きをすることに。


またも心のなかで
『ラッキー♪』と思いました。

今までバックレた会社数知れず。

ですがスズキは書類を3枚書きました。

退職理由を記入する欄がありましたので、正直に
『人間関係による退職』と書きました。

自分からも言うつもりでしたが、所定の手続きを終え人事担当者が最後に
『人間関係による退職と書いてありますが、何かあったのですか』と聞かれました。


私は、
オラオラ元ヤンキー社員のM(私が勝手に元ヤンキーと決めつけているだけ。)に遭った理不尽な嫌がらせ事を正直に話しました。




そうしますと人事担当者の方は、『嫌な思いさせて申し訳なかったです。』と私に言いました。


普通のメンタルの人であればもしかしますと、退職せずに続けていたのかもしれません。

ですが私は超豆腐メンタルです。


『嫌な思いさせて申し訳なかったです。』と言われ逆に申し訳ない気持ちになってしまいました。


私からも最後に
『役に立たなくて申し訳ございませんでした。反省しています。』と一言言い、スズキ相良工場を後にしたのでありました。


帰りはプリペイドカードの残金でモスバーガーに立ち寄り、ハンバーガーを美味しく頂いたのでありました。
DSCN1427