DSCN1452

実家に帰宅する前に立ち寄った海辺の公園。

いよいよ実家暮らしがスタートします。

別に実家暮らしがしたくてしているわけではありません。

自分が置かれた状況を考えますと、ホームレスになるる訳にもいきませんし、実家暮らしをせざるを得ない、という選択肢しか残っていませんでした。


海辺の公園を後にし、いよいよ実家に戻ります。

いよいよ実家に到着致します。

一歩一歩前に進みます。

ゴールは目の前。

部屋に到着致しました。
DSCN1465

ビジネスホテルの部屋に到着致しました・・・。

何でこうなったのかと言いますと、長くなりますがご容赦ください。

5日の朝に退職を決意したものの、本当はスズキ期間社員の退職を2月16日まで引っ張るつもりでいました。

2つ理由があります。

1つ目は入社祝い金&給料が振り込まれているかです。

給料はいかなる理由があろうとも働いた分だけ頂くのは当然ですが、問題は入社祝い金です。


詳しいことは言えませんが、入社時の受け入れ教育では、既定の在籍日数をクリアしている人に支給されるそうです。


それがクリアできるのは1月末。

見事クリアしました。


しかし2月出社したのは2月1日・2日のたった2日間だけ。

スズキ側が『2月あまり出社していない』とか『インフルエンザで長期休んで、出席率が90%を下回ったので次回の更新が無くなった』とか様々な理由をつけて、『最悪入社祝い金が振り込まれないかも』と入社祝い金が振り込まれないという最悪な事態を想像していました。



2月12日朝欠勤の電話をした際に、『今日休むと出席率が90%下回り、次回更新が出来ないけどいいかな?』と班長に聞かれました。


『自分の責任ですのでそれは受け入れます』と、この様な趣旨のことを私は言いました。

実際は契約更新なんかよりも『もし入社祝い金が振り込まれなかったらどうしよう・・・(涙)』と最悪の事態が脳裏をよぎりました。


再び生活資金がショートする可能性も出て来ました。

ですので浅はかな考えですが、在籍を最低でも給料日の15日まで引っ張らなければならなかったのです。


ですが毎日ズル休みの報告をするのが辛くなり火曜日はメールでなんとかしたものの、班長が超良い人だけに余計自分に対する罪悪感が半端なく、ベットの中で胃が痛くなってしまったのです。



『何かいい方法はないか』と頭をフル回転させ、私なりにいろんな知恵を出した結果、14日水曜日に退職の意思を伝える事に致しました。


ではなぜ水曜日なのか?です。

水曜日は14日。

スズキは給料日15日の前日に給料明細が渡されます。

ということは給料はまだ振り込まれていないものの、14日の時点で給料明細が届くという事は、給料明細に記載された給料はほぼ100%振り込まれることが確定するからです。


『もうこれ以上引き延ばすのは無理だ・・・。明日言うしかない・・・』こんな私でも良心はあります。正直辛かったです。
ついにメールで退職の意思を伝える事に致しました。



所定の手続きを終え無事に退職した私は、スズキの従業員駐車場で真っ先に確認したことがあります。


それは給料明細の確認。

入社祝い金が満額振り込まれているのか?です。

給料明細を見た瞬間、思わず『よっしゃああああああ!』と心の中で叫ぶのでした。


10万円満額振り込まれていたのです。

2つめは、母に『17日に帰宅すると』2月6日にメールで伝えてしまったからです。

14日に無事退職出来たのは良いものの、15日にレオパレス(寮)を退寮しなければなりません。


スズキを退職したことを母に正直に言うか迷いましたが、結局言えませんでした。

レオパレス(寮)を退寮した15日から
17日までは2日間あります。15日・16日と2日間、日にちが空いてしまいます。


ですのでスーパーホテルというビジネスホテルに宿泊することにしたのです。

給料が手取りで31万円以上振り込まれたことと、社員食堂での昼食費用、2月の食費など2万円が手つかずの状態で残っていました。


『自分に運が来てる!』と勘違いしている私は、


この2万円を宿泊資金に充てることに。

こうして実家目前にして足踏み状態の私マーシーであったのです。

2月15・16日の2日間はビジネスホテルに滞在するのでした。
DSCN1463
(2日間お世話になったスーパーホテルのシングルルーム。)