DSCN1464
スーパーホテルの部屋から撮影した富士山です。私には目の前のお城みたいな建物は、結婚式場です。一生無縁な場所です。)


スズキ期間工を2月14日水曜日に退職し、そのまま真っ直ぐ実家に帰宅するかと思いきやチョットした問題が発生。


それは両親(母)に2月6日の時点で、
『17日に帰宅する』と連絡してしまいました。

『正直に言えばいいだろ!』と言われればその通りですが、スズキの班長・組長に嘘をつき、母にまで嘘をつくのがツライからです。


もうこれ以上『嘘を出来るだけつきたくない』ということで、せめてもの罪滅ぼしということで、経済的負担は2万円と決して安くはありませんが、スーパーホテルというビジネスホテルに15・16日と日程調整の為宿泊することに致しました。



部屋は富士山が見える部屋でシングルルーム。

2泊3日で合計約14,000円。

手取り31万円以上振り込まれ、手をつけていなかった、食費・従業員食堂などの費用約20,000円があるといっても、スーパーホテルで2泊3日の宿泊費約14,000円にプラス、夕食などの費用を含めると、2泊3日で20,000万円の出費。



2ヶ月間のスズキ期間社員生活の疲れを癒す為に、16日はやることが無く暇だったので、近くの健康ランドへ。

DSCN1459


富士湯らぎの里という健康ランド。

ちなみに言っておきますが、私の住まいは富士市ではありません。

お風呂の種類は内風呂・露天風呂合わせて、9種類近くありました。

お風呂に入る前に体を洗い、いよいよお風呂へ。

『平日の昼間にゆっくりとお風呂に入る。最高の気分♪♪♪』


内風呂の天井が高く解放感抜群ですので、余計プチセレブ気分に。

2ヶ月のスズキ期間社員生活のメンタル・体力面での疲れを癒してくれるのです。

内風呂の後は露天風呂へ。

最高の気分とはまさにこのことを言うのだと思いました。

DSCN1460

平日の昼間でしたので、ご高齢な方が大半でした。

まあそうですよね。

『平日の昼間は普通、私と同じ30代の人は、バリバリ働いているんだよな』と。

と思いつつも、気分はプチセレブ気分にプラス、リゾート気分。

その後サウナに入り余分な脂肪分を落とし終了。

サウナには15分×2で途中外に出て休憩しましたが、合計30分近く入っていました。

体重が2キロ痩せましたwww


いかに無駄な脂肪があるという事を実感したマーシーでした。

DSCN1472

お風呂を満喫した後は無料の休憩所でくつろぐことに。

平日なのでガラ空きです。

これで私の戦闘力は1000upし、合計2000。

30分程休憩し、本屋に立ち寄った後、ホテルの部屋に戻りました。

しばらく昼寝した後、夕食です。

メインイベントになります。

『何を食べるか』考えました。


『手取りで31万円以上今の、マーシーには恐れるものは無い!焼肉を食べるぞ!』という結論になりました。


とは言っても誰も食べる人はいません。

いわゆる1人焼肉です。

1人焼肉ですのでチキンな私は店に入る前から緊張していました。

ラーメン屋に入店するのと焼肉屋に1人で入るのでは全然違いました。

実は今回食べた『焼肉きんぐ』というお店、2年以上前に1人で利用したことがあります。

ですが今回もとにかく緊張しました。


ですが今回は違う。

何かが違う。

『マーシーは1人じゃない!マーシーの周りには多くのブログの読者さんがついているんだ!恐れるものは無い!』と勝手に都合よく物事を解釈している私。


スーパーホテルから徒歩圏内のこちらの
『焼肉きんぐ』というお店で食べることに致しました

DSCN1484

なんとこちらのお店は食べ放題です。

だいたいこういうお店は、友人・カップル・家族連れ人などのリア充な人達が利用するのです。


前回利用した時も1人は私だけでした。

お店に入り1人は案の定私にだけでした。

DSCN1475

頼んだ食べ放題プランはこちらの『プレミアムコース3,980円』。

制限時間は60分。

ここまで来ますと、もう制御不能です。


『今の私には恐れるものは無い!』という気分で、一番値段が高いプレミアムコースに決定致しました。

DSCN1476

席でタッチパネルで注文していく方式です。

第1試合、最初に注文したのがコレです。


豚のロースと、牛の特上ヒレと写真にはギリギリ写っていますが、熟成壺ロース(こんな感じの商品名でした)。


大体一回の注文で3~5品程注文し、それを7回程繰り返しました。

まるでプロレスの試合です。

DSCN1477

こんな感じで焼いていきます。

余裕です♪

私の胃袋はスズキのエンジンより馬力があります。

最初なので全然余裕です。

スズキのエンジンより馬力がある私の胃袋は、さらに加速していくのでした


DSCN1481

注文した8割が肉(鳥・豚・牛)でした。

『たまには野菜も食べなければ』という事で『パリパリキャベツ』なるものを注文しました。


第5試合まで余裕でしたが第6試合から徐々に、食べるペースが落ちて行き、『そろそろデザートのことも考えなければ』とデザートの事が頭に浮かんできました。



ですが第7試合のメニューも注文してしまいました。

『今更キャンセルボタン押すのも申し訳ない』ということで、第7試合が終わった後に、デザートを食べる事に。


ただ最後が・・・

DSCN1482

これです。

運ばれてきた瞬間、

え?!

ちょっ、

ちょっ、

ちょい・・・・・・

液晶画面ではそうでもなかったので、
『大した大きさではないだろう』と舐めていました。

出てきたのがこれです。

まさに本日のメインイベントに相応しい。

ラスボス登場です。

どれくらい大きいのかと言いますと、



残り時間20分。

流石にこれはデザートは無理なんじゃないかと思始めました。

しかし諦めてはいけません。

ある言葉を思い出しました。

私マーシーが一番好きな言葉。

アメリカンフットボールの立命館大学パンサーズヘッドコーチの試合前のミーティングの言葉。


YouTubeの再生回数37万回。


ヘッドコーチ『男にはな、人生賭けて戦わなあかんときがある!』

『相手がどんなに強い、な?』

『相手の方が絶対有利だと言われててもな、立ち向かっていかなあかん時がある!』

『松下電工の方が強い!それはマスコミが言うてるだけやろ!』

『フットボールの内容!チームワーク!後どれをとっても我々の方が上や!』

『それくらいの力、お前ら一人一人が持ってる!』

『お前らならできる!』

『お前らならできるんや!』

『やろう!な?』

『このチームで最後の最後まで頑張って、力を出し尽くして今日は勝て!』

『さあ勝つぞおおおー!』。

元々アメフト見るのが好きなんです。

インターネット上ではいろんな偉人の名言が存在しています。

でもこの言葉が一番心に響く。

『男にはな、人生賭けて戦わなあかんときがある!』まさにその時が迫っている。

ダメだと分かっていても立ち向かうのだ!今の私は立ち向かわなければいけない。

仕事では人生賭けなければいけない時に、いつも逃げて辞めているのです(涙)


DSCN1483

どれだけ大きいかと言いますと、こんなに大きいのです。

このお肉は食べきったものの、試合時間59分、もう1つのお肉は残しギブアップするのでした・・・。



いくらなんでもスズキのエンジンよりも私の胃袋が上回っていると言いましても、もう限界でした・・・。



もちろん締めのデザートは諦めました・・・うううううう(涙)