d7207d4a8480badecf71971399c7a91b_s


ここ数年で働き方が多様化し様々な雇用形態で働く人が増えて来ました。

派遣社員で働く人も珍しくなくなり、派遣先企業では無くてはならない戦力になってきました。


派遣社員の求人選びでどういった点を心がければいいのでしょうか?


私なりに考えてみました。

派遣社員で派遣会社で入社し、派遣先企業で就業することを検討している場合は、気をつけなければばいけないことがあります。


それは契約更新です。


派遣社員は当然ですが派遣会社と雇用契約を結びます。

契約更新は、派遣社員として働くうえでは切っても切れない関係。

派遣社員として長期的に働く際には必ず避けては通れないのです。

派遣会社に入社する際に契約書に契約期間が記載されております。

契約期間は派遣会社ごとに多少の差はあります。

契約期間は派遣先企業の業績状況により契約期間が決まるようです。

私マーシーが経験した一番短い契約期間は1ヶ月でした。

原則何も問題無ければ自動的に契約更新。

ですが1ヶ月の契約期間。

そこの会社は自動車部品を製造する会社でした。

『自動車業界は景気に物凄く影響を受けやすいので、契約更新は1ヶ月なんだな』と思いました。


このように1ヶ月間ごとの契約更新もあれば、3ヶ月・6ヶ月など派遣先企業の業績などによって契約期間は違ってきます。


さらには最近は派遣先企業で直接雇用を前提とした、紹介予定派遣という雇用形態もあります。


紹介予定派遣とは一定の契約期間派遣で働き、派遣での契約期間が満了した時に、派遣社員・派遣先企業の双方の同意があった時に、直接雇用に切り替える制度になります。


実は私マーシーは今度働く派遣会社なのですが、派遣会社の営業から、『長期で働くと派遣先企業の正社員になれるよ』と言われております。


長期がどれくらいの期間かはわかりませんが、最低1年~3年は見ておいた方がいいでしょう。


まあそれ以前に私の場合は1年続けることが出来るかどうかが問題なんです(涙)

入社当日にバックレたり、普通に3日以内で退職したりしておりますので、そういうお話を頂くのはありがたいですが、正直そこまで考えられないというのが正直な感想です。
9aebc7bae2bd661924259970437b864d_s


このように会社の規模・業績状況などによって契約期間は多少の差はあります。

どのようにして契約更新を行い、どんな書類が必要となってくるのか、更新がない時の新たな就業先の紹介はあるかなど、契約書をもう1度読み直しておくことをおススメします。


契約解除の条件などはハローワークの求人票・無料の求人情報誌では記載されておりません。


契約書に小さく書いてあります。

派遣先企業の業績状況に問題が無い時は、正社員と派遣社員との立場は平等に感じる部分もあるかと思いますが、派遣先企業の業績が悪化し逆風が吹いてきますと、派遣社員は苦しい状況に立たされるのです。



派遣社員として雇用されるということは、人手が足りない時、仕事が忙しい時にだけ重宝される、結局雇用の調整弁なのです。


私マーシーもそれを覚悟で派遣で働くことを決意致しました。

最初は派遣社員で働いていても、『いずれ正社員になりたい』と思っている人も多いと思われます。


派遣社員として採用されたとしても、正社員登用制度有りという雇用条件がある求人が最近では増えてきているような気が致します。


これから派遣社員として働こうとしている会社が、正社員登用制度有りという企業であればチャンスは広がります。


正社員とは違い、派遣社員で働くということは、契約期間が短く、安定しない部分も多いかと思いますので、常に不安が多いものなのです。


もし派遣社員として働くにあたり就職活動をしているのであれば、いくつかの状況をシュミレーションしながら、就職活動をしていくといいでしょう。



いよいよ明日27日初出勤。果たしてバックレずに出社することが出来るできるのか?こうご期待ください。