この記事は諸事情により長く非公開としていた記事になります。この度加筆し再度・修正をし再公開させて頂く運びとなりました。

このブログは朝に更新しております。

就寝中に夢を見ました。

職場で誰か分かりませんが、

『〇〇さんは100社転職してるんだって』

と誰か言っています。

それを聞いた人の反応は無反応でした。

最近この手の夢を見るようになりました。

そもそも100社以上転職していること自体普通ではありません。

もしかしたら皆さんも1度や2度、

『高校生に戻りたい』

と思ったことはないでしょうか?

私は何度もあります。

高校生に戻ることが出来ないのであれば、せめて借金が無かった2014年に戻りたいです。


過去を振り返っている暇があれば、87万円の借金を1円でも多く減らさなければいけないのですが、


『何でこうなってしまったのかな』

と振り返る事もしばしばあります。

でも最近は過去を振り返りつつも、

『なんとかなるさ』

という根拠のないプラス思考で考えられるようになりました。

53400c642dd5bf4686298436c3e15188_s

2003年社会人1年目の職歴公開


2003年4月上旬:某ファストフード店入社(1社目)

2003年7月中旬:正社員(印刷会社)で仕事が見つかったので自己都合による退職


2003年7月下旬:印刷会社就職(正社員)(2社目)

2003年11月中旬:印刷会社自己都合による退職(約4ヶ月)

2003年12月上旬:某コンビニ入社(3社目)

2003年12月下旬:自己都合による退職(約3週間)

2003年12月下旬:某ファストフード店入社(出戻り)(4社目)


以上が100社以上転職した私マーシー2003年の職歴でした。

4af543dd3e580e7ebb82124875a22fb9_s

まず最初からスタートダッシュに失敗しました。

専門学校を3月上旬に卒業し4月上旬まで人生初の自宅警備員を経験致しました。

自分の実力不足である事は否定致しませんが、専門学校2年時には当然就職活動をしていました。


いろんな企業に面接に行きましたが、結果は全滅。

今の高校・大学・短大・専門学校生と違い、当時は本当に就職氷河期でした。

就職先が見つからないまま3月上旬専門学校を卒業。

4月上旬まで、人生初の自宅警備員を経験。

ここから私マーシーのダメ人間生活がスタートするのです。

ただ3月中は、

『3月までは自宅でゆっくりしようっと♪』

こんな感じでした。

新卒で仕事がスタートする人は4月から入社式があります。

ただ4月に入り、

『早く働かなければ』

という想いが強くなり、とりあえずという事で、高校・専門学校時代にアルバイトをしていた、某ファストフード店の店長に頼み込んで働かさせて頂くことに致しました。


働きながら正社員の仕事を見つけようとしたのです。

何社か面接を受け、印刷会社から内定を頂きました。

2003年7月下旬印刷会社に入社致しました。

しかも正社員での雇用です。


仕事内容はティッシュペーパー・医薬品・お菓子などの箱を製造する仕事です。

打ち抜きという工程で、厚紙にティッシュペーパー・医薬品・お菓子などの型を取る作業を担当しておりました。


しかし残業の多さが原因
で、2003年11月中旬自己都合による退職をしてしまいました。


その後3週間ほど自宅警備
員をしておりました。

その間もハローワークなどに定期的に通い、見つけた仕事
が、コンビニでアルバイトをする事でした。


しかも深夜勤務。

『コンビニの深夜アルバイトをしながら、正社員の仕事を探そう』

という事になりました。

なぜコンビニ深夜アルバイトなのか?

それは、

『深夜勤務は客もほとんど来ないだろうし、楽勝かも』

と考えておりました。

しかしその考え自体が甘かったです。

とにかく覚える事が多すぎでそれに嫌気がさし、コンビニの深夜アルバイトも3週間で自己都合による退職。


詳しくは『意外に覚えることが多いコンビニアルバイト。意外に高いスキル要求されない? 』をご覧ください。


そんな時に私の古巣である某ファストフード店の店長から、
まるで私の動きを見透かしたように電話があり、


『仕事は順調?』

的なことを聞かれました。

私マーシーは、

『実は仕事を辞めてしまいました』


と答えました。

店長は、

『それならうちに来なよ』

と言われ、

再度某ファストフード店に2003年12月下旬復帰致しました。

2003年の転職回数は4社です。

専門学校を卒業し2003年
から社会人生活がスタートしたのですが、

2003年から怒涛
の転職人生が始まってしまったのです(涙)

専門学校までは順調な人生を歩んでいた私。

2003年はまだ序の口だったのです。