本当に青天の霹靂でした。

ジャニーズ事務所はTOKIOの山口達也さん(46)を契約解除にすると発表いたしました。


世間は山口達也さんに

『復帰して欲しい』

と思っていた人が大半だったと思います。

実際にフジテレビのアンケートでは100人中ほとんどの人がTOKIOの復帰を願っていました。


私マーシーは正直どちらも興味がありません。

TOKIOへ仮に復帰していたとすれば、それはそれでいいと思いますし、山口達也さんは強い辞意を表明したのでそれを受け入れるべきだと思います。



それ以上に山口達也さんは重度のアルコール依存症。

飲酒が原因で肝臓を悪くします。

驚くべきことが起こりました。

山口達也さんは退院したその日に酒を飲み、女子高生を呼び出したのです。


そして事件は起こりました。

私マーシーはお酒をほとんど飲みませんので、そこまでしてお酒を飲みたくなるというのが、アルコール依存症なのかと思いました。


止めたくても止められない。


改めましてアルコール依存症の恐ろしさを実感致しました。

山口達也さんはアルコール依存症ですが、私マーシーはバックレ依存症。


冗談で言っているのではありません。

恐らく私マーシーが心療内科で受診すれば、〇〇障害と診断されるでしょう。


正直私マーシーも

『仕事が長続きしないこの状況、もはや自力でどうこうできる状況では無い』


と悟っております。


『正直どうすればいいのか分からない。』

『自分で解決はもう無理。』

それならプロのカウンセラーの方に相談するしかないなと思いました。


少しですが山口達也さんの気持ちが分かる気が致します。

山口達也さんも恐らくですが、『少しでもお酒の量を減らしたい』と思っているはずです。


いくら自分で思っていても、もはや自力ではどうすることもできません。

自分の意思で止められるほどの次元ではなくなっているのです。

分かるんです。

私マーシーもこのバックレ癖もはや自分でどうすることも出来ないのです。


正直どうすればいいのか分かりません。

もうプロの専門家の方に相談するしかありません。

今回非常に心打たれるものがありました。

そして山口達也さんの回復祈るばかりです。