『おめーには絶対に続かないよ!』

と言われそうですが、今週から来週にかけて職が決定しなければ、期間工に応募する可能性が本当に浮上してきました。


正直『自分でも続かない』と実感しております。

ですがどこも内定を頂くことが出来なければ、採用の確率が高い期間工に応募せざるを得ないのです。


ただ仮に採用されたとしましても、赴任・就業から給料日まで最低1ヶ月半は要します。


それまでの生活費を稼ぐ為、短期アルバイト(日雇い)をする覚悟です。


期間社員と言いましても多種多様な期間社員の求人があります。

そこで私マーシーがもし期間工で働くことになった場合どこのメーカーの期間工がいいのかランキング形式で考えてみました。

10位:トヨタ紡織

9位:NTN

8位:
FTS

7位:豊田自動織機

6位:アイシンAW

5位
浜名湖デンソー

4位アイシン精機

3位プライムアースEVエナジー

2位
アイシンAW工業

1位アスモ

となりました。

3093eed1986b8eeec2a952344872b7a3_s

1つ目の理由は、自動車メーカーではなく、自動車部品メーカーを選択いたしました。


それは自動車本体の組み立てよりも自動車部品の組み立ての方が確実に体への負担が軽いからです。


理想は加工の部署に配属されることです。

スズキでは組み立ての部署を通過しなければ、所属部署に行くことが出来ませんでした。


車・エンジンの組み立てを毎日見て来ましたが、組み立て作業をしている人は、まるでサイボーグのような凄い動きをしていました。


それを目撃した瞬間、

『自分には組立は無理だな』

と実感致しました。

2つ目は、期間工をやる場合重視していることは車の持ち込みができる、自動車部品メーカーを上位に選ばさせて頂きました。


赴任場所にもよりますが私マーシーは以前CVテックというアイシンAWの関連会社で期間工をしておりましたが、寮がすごい僻地みたいな所にありました。



私マーシーは自動車持ち込みでしたので、そこまでの不便さは感じなかったのですが、中には車を持ち込まない期間工の方もいました。



徒歩移動は本当に大変だと思いました。

3つ目はアパートタイプの寮です。

集合寮は無理です。

最低限レオパレスのような完全個室寮を希望致します。

プライベートは大事です。

多種多様で様々な選択肢がある期間工。

どれにするか迷います。